MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

【ナンガ】のオーロラダウンジャケットの特徴やサイズ感をレビュー!!

  • URLをコピーしました!

アウトドア好きとして外せないメーカーが国産ブランドの『ナンガ』です。

そのナンガの中でも1番有名なジャケットが【オーロラダウンジャケット】かと思います。

そんなオーロラダウンジャケットですが、今季ついに購入してみました。

私が購入したのは、オーロラダウンジャケットのクラシック別注モデルを購入しました。

クラシック別注モデルは左胸にあるナンガのロゴが復刻デザインとなっているモデルです。

ロゴ以外には、機能やサイズ感などは普通モデルとまったく変わりありません。

オーロラダウンジャケットにはこういった別注モデルが他にもあるので選択肢の幅が広がるのも良いポイントですね。

遊パパ

購入するか正直迷いましたが、今では買って良かったと思ってます。

本記事では、オーロラダウンジャケットの特徴やサイズ感を中心にレビューしていきたいと思います。

『この記事の内容』

  • ナンガの歴史をサクッと紹介!
  • オーロラダウンジャケットの特徴
  • オーロラダウンジャケットのサイズ感
  • 他の購入者の口コミ!
目次

『ナンガ』とは?ナンガの歴史を解説!

NANGAのロゴ
●NANGA

ナンガは1941年に滋賀県米原市に創業した元々は布団メーカーでした。

そこから、徐々に寝袋(シェラフ)の生産を始め、さらにはアウトドアファッションアイテムまで製造する国産メーカーとなっています。

布団や寝袋の生産で培った知識と技術を用いた、アウトドアアイテムの開発は一切妥協のないこだわりの商品となっています。

その中で、完成したの今回紹介するオーロラダウンジャケットとなっています。

ちなみに、社名の『ナンガ』の由来は

ヒマラヤ山脈にそびえたち屈指の難易度を持つ人食い山と恐れられる世界9位の高峰ナンガ・パルバットに由来しています。

『ナンガ』オーロラダウンジャケットのスペック!!

オーロラダウンジャケット
●オーロラダウンジャケット
オーロラダウンジャケット

価格:税込44,000円

表生地:オーロラテックス

裏生地:40dnナイロンタフタ

中綿:スパニッシュダックダウン(760FP)

羽毛量:150g

総重量:約650g

サイズ:S,M,L,XL

オーロラダウンジャケットの全体像と各ディティール!!

フロント&バック

オーロラダウンジャケットの全体像
●オーロラダウンジャケットの全体像 正面

私はベージュカラーを購入しました。

単色カラーでまとめられたシンプルなデザインです。

オーロラダウンジャケットの全体像
●オーロラダウンジャケットの全体像 後面

後ろも非常にシンプルで誰にでも似合う当たり障りのないデザインです。

各ディティール

左胸のロゴ
●左胸のロゴ

左の胸元にはナンガのブランドロゴが縫い付けられています。

また、センタージップの左側にはポケットがあります。

止水&ダブルジップ
●止水&ダブルジップ

左右にある大きめなポケットのジップにはポケットには珍しいダブルジップ仕様になっています。

ちなみに、表面にあるジップは全て止水ジップとなっていて水の侵入を防いでくれます。

左内側のポケット
●左内側のポケット

また、内ポケットが左側に1つ付いています

袖のベルクロ
●袖のベルクロ

袖口は、ベルクロタイプとなっていて風の侵入を防いでくれます。

裾のドローコード
●裾のドローコード

裾にはドローコードがありコードを絞ることで下から風や冷気をシャットアウトしてくれます。

オーロラダウンジャケットの特徴を3つ!!

1.普段使いには充分すぎるほどの防水性能!

袖のオーロラテックのロゴ
●オーロラテック

オーロラダウンジャケットにはナンガが独自で開発した素材、AURORA-TEX(オーロラテックス)を使用しています。

オーロラテックスとは、多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地。

20,000mm・透湿性6,000g/m2/24hrsという高レベルの防水透湿性能を誇っています。

防水性能とは?

  • 300mm・・・小雨に耐えられる
  • 2,000mm・・・中雨に耐えらえれる
  • 10,000mm・・・大雨に耐えらえる
  • 20,000mm・・・嵐に耐えられる

耐水圧20,000mmを備えており、普段使いのダウンジャケットでは充分すぎる防水性能だと思います。

2.こだわり抜いた最上級の高品質ダウンを使用!

オーロラダウンジャケットに使われてるダウン
●オーロラダウンジャケットに使われているダウン

ナンガに使われているダウンは全て原産国証明をつけ、原産国を明記しています。

また、輸入したダウンは国内最高峰の羽毛加工メーカー『河田フェザー』で洗浄加工をしています。

遊パパ

ダウンの原産国から洗浄加工メーカーまでこだわった最高品質ダウンが使われています!!

オーロラダウンジャケットに使用されているダウンは、スペイン産のホワイトダックダウンを使用しておりフィルパワーが760FPを誇ります。

フィルパワーとは?(FP)

羽毛約30gあたりのかさ高性を表す単位で、一般的に数値が高いほど保温性に優れた高品質ダウンを意味します。

  • 低品質ダウン品・・・FP500以下
  • 良質ダウン・・・FP600〜700
  • 高品質ダウン・・・FP700以上

また、保温性だけじゃなく軽量なのも高品質ダウンを使用しているメリットです。

重さが約650gと軽く、着心地もしなやかで動きやすいジャケットです。

3.圧倒的なコストパフォーマンス!

アウトドアメーカーのダウンジャケットでは通常5〜8万円、

かなり高価なもので10万円ぐらいするダウンジャケットも多いです。

その中で、これだけ品質にこだわったナンガのオーロラダウンジャケットの値段は税込44,000円です。

他のアウトドアメーカーのダウンジャケットと比べると圧倒的にコスパがいいのが分かります。

オーロラダウンジャケットのサイズ感!!

Lサイズを着用したサイズ感
●正面 Lサイズ着用
●側面 Lサイズ着用
●前閉じ Lサイズ着用

身長170㎝、体重70kgのややガッチリ体型でLサイズを着用しています!

インナーにロンTを着ていて少しのゆとりがあります。

厚手のパーカーやスウェットなどを着込んでジャストぐらいなサイズ感です。

ジャストで着こなすならMサイズがベストかと思います!

遊パパ

全体的な作りとして、一般的なサイズ感より少し大きめな設計かと感じます!

他の購入者の口コミを紹介!

遊パパ

オーロラダウンジャケットを購入した他の方の口コミも紹介します!

口コミ1

174㎝ 66kgのガッチリ体型ですが、Mサイズを購入しました。中はロンTで充分すぎます。厚手のパーカーなどを着るとほんの少し肩周りがきついかなという感じですが、全く問題ありません。

口コミ2

183㎝ 80kgで普段の服のサイズはLサイズです。「返品可能」ということでMサイズとLサイズ両方購入しました。ヒートテック、ロンT、厚手のスウェットを着た場合、Mサイズでは肩周りがかなり窮屈になります。Lサイズはかなり余裕があります。

口コミ3

身長173㎝、体重76kgでLサイズを購入しました。わりと身幅もあり中にスウェットを着込むことができるため、ちょうどいいサイズ感だと思います。

こちらの口コミも参考にしてみて下さい!!

注意点!!

生地が劣化し防水性が低下する可能性がある!

オーロラダウンジャケットに使用されているオーロラテックス性能は、生地に防水・撥水加工を加えています。

しかし、この防水加工は時間が経つに連れて剥がれてしまい、年を追うごとに防水性が低下していってしまいます。

防水性を維持するためにも、定期的に洗濯をしたり防水スプレーをかけたりメンテナンスが必要になるかもしれません。

ちなみにGore-Tex(ゴアテックス)という生地では、半永続的に防水性が維持できる生地ですので詳しく知りたい方は下記の記事を参照ください。

まとめ!!

いかかだったでしょうか?

ナンガからオーロラダウンジャケットについてレビューさせて頂きました。

オーロラダウンジャケットは羽毛の産地や加工メーカーまでこだわった高品質のダウンを使用したジャケットです。

軽くて温かい。

高品質な最高級ダウンを手頃な値段で購入できるなんて『まさに買い』なダウンジャケットでした!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次