MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

街着にはノースフェイス「ドーロライトパンツ」がおすすめ!サイズ感や使用感(メリット)をレビュー!

  • URLをコピーしました!

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「ドーロライトパンツ」は普段使い・街着にはオススメNo.1パンツです。

人気の「アルパインライトパンツ」より個人的には「ドーロライトパンツ」の方が使い勝手が良くてお気に入り。

その理由を深掘りしていきましょう!

  • 「ドーロライトパンツ」の特徴は?
  • 実際のサイズ感が知りたい!
  • 「アルパインライトパンツ」との違いは?

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「ドーロライトパンツ」の特徴を解説!
  • 実際のサイズ感を写真付きで紹介!
  • 実際の使用感(メリット・デメリット)をレビュー!
  • 「アルパインライトパンツ」との違いを解説!

本記事を読むだけで、「ドーロライトパンツ」の特徴・サイズ感・メリットなど全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • 美しいシルエット!
  • 着心地がよくて動きやすい!
  • 夏でも履けるソフトな質感!
  • 劣化しない!
  • 街着・アウトドアでも履ける!

「ドーロライトパンツ」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容です。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んで下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス「ドーロライトパンツ」のスペック!

ドーロライトパンツ
●ドーロライトパンツ 出典:goldwin公式
ドーロライトパンツ

価格:¥14,300(税込)

素材:4way Stretch Chino Light Cloth(ポリエステル100%)

サイズ:S、M、L、XL

重さ:約255g(Lサイズ)

脚がすっきりと見え、脚さばきの良いテーパードシルエットのパンツ。 撥水性があり、復元力が高く型崩れしにくい軽量・ストレッチ素材・SOLOTEXを使用しています。ウエストは調整のしやすいスピンドル仕様。ポリエステル100%ながら、コットンのような ナチュラルな風合いで、ハイキングや縦走登山のみならず日常からトラベルまで幅広く使いこなせるパンツです。

goldwin公式
遊パパ

普段使いからアウトドアまで使える万能パンツ!

ノースフェイス「ドーロライトパンツ」のディティール!

まずは、全体像から見ていきましょう!

ドーロライトパンツ 正面
●ドーロライトパンツ 正面
ドーロライトパンツ 後面
●ドーロライトパンツ 後面
遊パパ

左膝のノースフェイスのロゴが特徴!

次に細かいディティールを見ていきましょう!

ウエスト部
●ゴムのウエスト
ベルトレスのリラックス仕様
●ベルトレスのリラックス仕様

ウエストは、ベルトレスのゴムと紐でストレスフリー!

遊パパ

脱ぎ着がラクにできます!

左膝のノースフェイスのロゴ
●左膝のノースフェイスのロゴ

ロゴは刺繍で質感よし!

両サイドのポケット
●両サイドのポケット

※ジップが付いてないノーマルポケット!このポケットがタウンユースでは使いやすい!

右後ろのジップ付きポケット
●右後ろのジップ付きポケット
遊パパ

ポケットは全部で3つ!全て使いやすい位置にあります。

「ドーロライトパンツ」の特徴!

ここからは、「ドーロライトパンツ」の特徴を解説していきます。

特徴① シルエットが美しい!

テーパードシルエット
●テーパードシルエット

「ドーロライトパンツ」は、テーパードシルエットで足先に向かって細くなる美シルエット。

パンツのシルエットって重要ですよね?

アウトドアメーカーのパンツでありながらも、野暮(やぼ)ったい印象なくキレイめスタイルで履けます。

コーディネートの幅の広さも魅力的です!

特徴② ソロテックスを採用!

SOLOTEX(ソロテックス)
●SOLOTEX(ソロテックス)

「ドーロライトパンツ」は、「SOLOTEX(ソロテックス)」を採用しています。

「ソロテックス」は、日本の帝人フロンティアが開発した高機能繊維。

その特徴は、なめらかな肌さわりやストレッチ性、優れた発色性など様々あります。

なめらかな質感・肌さわり!

なめらかな肌さわり
●なめらかな肌さわり

「ソロテックス」の特徴として、生地のなめらかさ・肌触りの良さが挙げられます。

素材には、ポリエステルが100%使用されていますがコットンのようなナチュラルな風合い。

なめらかで肌触りが良く最高の着心地を実現しました。

毛玉ができやすいポリエステルも、「ソロテックス」は毛玉とも無縁です。

毛玉ができない画期的な素材で長く着ることができます!

遊パパ

毛玉が出来ないのは嬉しいポイント!

軽快なストレッチ性!

ストレッチ性
●ストレッチ性

軽快なストレッチ性も「ソロテックス」の特徴の1つ。

アクティブなアウトドアからタウンユースまで快適に履けます。

膝の曲げ伸ばしもラク!
●膝の曲げ伸ばしもラク!

新幹線や車などの長時間の移動でも、デニムなどは疲れやすいですが「ドーロライトパンツ」であればノンストレスで疲れしらず!

遊パパ

肌触り・ストレッチ性など履き心地が良すぎます!

シワになりにくい形状回復性!

「ソロテックス」は、生地の復元力も高く型崩れせずシワになりにくいです。

立ち座りの多いキャンプや登山でもキレイなシルエットを保ちスタイリッシュに履きこなせます。

洗濯を繰り返してもヨレないのでお手入れもラク!

遊パパ

取り扱いがラクなのも良いところ!

特徴③ 撥水性!

撥水性
●撥水性

「ドーロライトパンツ」は、撥水加工が施されています。

悪天候でのキャンプや突然の雨でもしっかり弾いてくれ快適に着続けることが可能。

遊パパ

アウトドア、タウンユースどちらも優秀です!

ノースフェイス「ドーロライトパンツ」のサイズ感!

ここからは、実際のサイズ感を見ていきます!

正面 Mサイズ着用
●正面 Mサイズ着用
側面 Mサイズ着用
●側面 Mサイズ着用
後面 Mサイズ着用
●後面 Mサイズ着用

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型でMサイズを着用。

キツすぎず大きすぎずジャストサイズですが、すそ丈が若干余ってます。

ウエストもゴムタイプなのでジャストサイズで着れています。

\ロールアップ/

正面 ロールアップ Mサイズ着用
●正面 ロールアップ Mサイズ着用
側面 ロールアップ Mサイズ着用
●側面 ロールアップ Mサイズ着用
後面 ロールアップ Mサイズ着用
●後面 ロールアップ Mサイズ着用

すそ丈が長い場合は、「ロールアップ」して履くのもコーディネートとしてアリ。

ロールアップして履けばスッキリとした印象で履きこなせると思います。

遊パパ

すそ上げしてしまうのもオススメです!

サイズ感の口コミ!

サイズ感の口コミを集めてみたのでぜひ参考にしてください!

スクロールできます
1人目2人目3人目
身長166㎝175㎝182㎝
体重62㎏64㎏78㎏
サイズ 備考S ジャストM ジャストL ジャスト
M 大きいL 大きいXL 大きすぎる
●サイズの口コミ!

ノースフェイス「ドーロライトパンツ」の使用感(メリット・デメリット)!

気になる点!
  • 冬に履くには生地が薄い!

唯一デメリットを挙げるとすれば、1つだけ。

「ドーロライトパンツ」は、比較的薄い生地を採用していて冬場に履くには向いてません。

サラサラとしたドライなタッチ感は、冬にはヒンヤリした感覚で余計に寒いです。

これ以外には、着用していて全くデメリットを感じません。

この、デメリットの少なさも「ドーロライトパンツ」がオススメのパンツである理由です。

ここが良い!
  • 美しいシルエット!
  • 着心地がよくて動きやすい!
  • 夏でも履けるソフトな質感!
  • 劣化しない!
  • ポケットが使いやすい!

「ドーロライトパンツ」は、特徴でもある「美しいシルエット」でストレッチが効いた動きやすさ、着心地の良さが最大のメリット。

カジュアルな見た目でタウンユースには最適、キャンプなどのアウトドアまで幅広く履きこなします!

比較的薄めの生地感、裏地もソフトな肌触りで夏でもベタつかずドライに履けます。

しかし、「ドーロライトパンツ」の魅力はそれだけではありません。

ドライタッチで夏でも涼しい
●ドライタッチで夏でも涼しい

個人的に推している点は、毛玉のできにくさ(劣化しにくさ)とポケットの使いやすさ。

人気の「アルパインライトパンツ」では劣化しやすい「ポリウレタン」が使われているのに対して、

「ドーロライトパンツ」の「ソロテックス」は、毛玉とも無縁で劣化しません。

「アルパインライトパンツ」のジップ付きポケットは、クライミングには必須ですがタウンユースには少し不便。

「ドーロライトパンツ」であれば、ジップなしポケットでタウンユースにも使いやすいです。※詳しくは後述。

「アルパインライトパンツ」と「ドーロライトパンツ」どっちがおすすめか?

ドーロライトパンツとアルパインライトパンツの比較
●ドーロライトパンツとアルパインライトパンツの比較

ここからは、人気No.1パンツ「アルパインライトパンツ」との比較をしていきます。

「アルパインライトパンツ」の使用感、サイズ感はこちら!

「ドーロライトパンツ」と「アルパインライトパンツ」の共通点!

共通点① ベルトレスのリラックス仕様!

ドーロライトパンツのウエスト
●ドーロライトパンツ
アルパインライトパンツのウエスト
●アルパインライトパンツ

両者とも、ウエストがベルトレスのリラックス仕様になっています。

ベルトが必要なくゴムのウエストなので脱ぎ着もラクラク!

共通点② 美しいシルエット!

ドーロライトパンツのシルエット
●ドーロライトパンツ
アルパインライトパンツのシルエット
●アルパインライトパンツ

両者とも、美しいシルエットが特徴的!

足先にかけて細くなっているテーパードシルエットで、キレイめに着こなせます!

「ドーロライトパンツ」と「アルパインライトパンツ」の違い!

次に、両者の違いを見ていきましょう!

違い① 生地の種類と厚さ!

「アルパインライトパンツ」は、「ポリウレタン」を採用したストレッチ性に優れた素材。

しかし、毛玉ができやすく劣化しやすいのが弱点です。

対して、「ドーロライトパンツ」は「ソロテックス」採用でストレッチ性に加え(アルパインライトよりは劣るが)毛玉が出来にくく耐久性が高いのが特徴。

ストレッチ性

ドーロライトパンツ<アルパインライトパンツ

劣化しやすさ

ドーロライトパンツ<アルパインライトパンツ

生地の厚さは、「アルパインライトパンツ」の方が厚手。

汗をかくと肌にベタっと張り付きやすく、夏に履くには暑すぎます。

対して、「ドーロライトパンツ」は薄手で裏地もドライタッチになっていて夏でも快適に履けます。

逆に、冬にはタイツを履かないとちょっと寒いです。

生地の厚さ

ドーロライトパンツ<アルパインライトパンツ

違い② ポケットの使いやすさ!

ドーロライトパンツのポケットはジップなし
●ドーロライトパンツ
アルパインライトパンツのポケットはジップ付き
●アルパインライトパンツ

「ドーロライトパンツ」の前ポケットには、ジップがついていません。

対して「アルパインライトパンツ」の前ポケットにはジップが付いています。

アクティブな運動を伴うシーンでは、ジップ付きポケットは必須ですがタウンユースでは正直使いにくいです。

携帯電話をポケットに入れる時など、ジップに引っかかって入れにくいことや手の甲が当たって痛かったりします。

タウンユースがメインであれば、「ドーロライトパンツ」の方が適していると言えます。

ドーロライトパンツ
アルパインライトパンツ
  • タウンユース志向
  • アウトドア志向

抜群のストレッチ性と履き心地で大人気の「アルパインライトパンツ」。

タウンユースでの着用をオススメしている方もいますが、個人的には「ドーロライトパンツ」の方がオススメです。

「アルパインライトパンツ」のシルエットの良さに、「ソロテックス」をプラスしたタウンユース志向の「ドーロライトパンツ」。

おすすめNo.1パンツは「ドーロライトパンツ」に決まりです!

遊パパ

個人的には、「アルパインライトパンツ」より「ドーロライトパンツ」の方がオススメです!

まとめ!

「ドーロライトパンツ」は、美シルエットでストレッチ性に優れた個人的おすすめNo.1パンツ。

「SOLOTEX(ソロテックス)」を採用した、なめらかでソフトな生地感で極上の履き心地です。

毛玉ができにくく劣化しない耐久性の高さも評価できるポイント。

身長170㎝でMサイズでジャストで履けます。

タウンユースがメインであれば「ドーロライトパンツ」一択です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次