MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・マウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・Arc'teryxやPatagoniaなども多数所有!

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用感(メリットなど)を正直レビュー!
●月間17万PV レビュー依頼受付中。
\ Amazonの初売りセール開催中! /

ノースフェイス「ヒムダウンパーカ」のサイズ感や評判、実際の使用感をレビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「ヒムダウンパーカ」を徹底レビューします。

「ヒムダウンパーカ」は、ノースの中でも最暖ダウンであった「ヒマラヤンパーカ」の後継モデル。

その保温力は、現在のノースフェイスの中でもNo.1。その魅力を深掘りしていきましょう。

  • 「ヒムダウンパーカ」の評判は?
  • 実際のサイズ感を知りたい!
  • 実際の使用感を知りたい!

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「ヒムダウンパーカ」の特徴を解説!
  • 実際の写真付きでサイズ感を解説!
  • 実際の使用感(メリット・デメリット)をレビュー!

本記事を読むだけで、「ヒムダウンパーカ」の特徴からサイズ感、使用感(メリットなど)が分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • 最上級の保温力!
  • 防風性が高い!
  • フードを取り外せる!

「ヒムダウンパーカ」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容です。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んで下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス「ヒムダウンパーカ」のスペック!

ヒムダウンパーカ
●ヒムダウンパーカ 出典:goldwin公式
ヒムダウンパーカ

価格:¥68,200(税込)

素材:<表地>30D GORE-TEX INFINIUM Rip Stop Insulated Shell <中わた>GreenRecycled CLEANDOWN(ダウン80%、フェザー20%)<裏地>PERTEX Quantum ECO

サイズ:XS、S、M、L、XL

重さ:約1260g(Lサイズ)

THE NORTH FACEを代表するエクスペディション向けダウンウエアである、ヒマラヤンパーカ。1994年に登場したオリジナルデザインをベースに、現代のテクノロジーでアップデートしました。表地は30デニールのGORE-TEX INFINIUMを採用し、高い防風性を追求。環境問題に配慮し、撥水材にはフッ素化合物を含まないPFCフリーを使用しています。中わたはリサイクルダウン。高度な洗浄技術により汚れやホコリを除去したクリーンなダウンが、高い保温性を確保します。携行に便利なスタッフサック付き。フードは取り外し可能で、より幅広い着こなしが楽しめます。

goldwin公式

ノースフェイス「ヒムダウンパーカ」のディティール!

まずは、全体像から見ていきましょう!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面

次に、細かいディティールを見ていきましょう!

首元
●首元
襟元のドローコード
●襟元のドローコード

とても襟元が高いデザイン。防風性◎!

ロゴは刺繍
●ロゴは刺繍

ノースフェイスのロゴは刺繍で質感◎!

両サイドのポケット
●両サイドのポケット
ポケット内の二重ポケット
●ポケット内の二重ポケット

両サイドのポケット内部にもジップ付きポケットが内蔵!

両サイドの内ポケット
●両サイドの内ポケット

内側にも両サイドにポケットが装備!

吊り下げリング
●吊り下げリング
吊り下げリング
●吊り下げリング

ザックやポケットに入れなくても、一時的にリングに吊り下げられる!

遊パパ

極地では、物をザックやポケットに入れるのも面倒。そんな時は、リングに一時的に吊り下げられます。しかし、使用機会は多くないでしょう。

内側
●内側

ジャケット内側にも、ダウンがパンパンに詰められている!

腰のドローコード
●腰のドローコード
裾のドローコード
●裾のドローコード
袖のベルクロ
●袖のベルクロ

ドローコードやベルクロが豊富で防風性がとても高い!

遊パパ

さすがは極地向けダウン。保温力に関しては、圧倒的な装備です!

「ヒムダウンパーカ」の特徴!

特徴① ノース史上最も暖かい!

「ヒムダウンパーカ」は、現在発売されているTHE NORTH FACEのダウンジャケットの中でも最上級の保温力を誇っています。

その秘密をそれぞれ解説します!

天然ダウンを採用!

天然ダウンを採用
●天然ダウンを採用

「ヒムダウンパーカ」に使われている中綿(なかわた)は、水鳥から採取した「天然のダウン」が採用されています。

昨今では、人工の化繊綿(かせんわた)がアウトドア業界を席巻していますが、保温力は「天然ダウン」に及びません。

それほど、「天然ダウン」は圧倒的な保温力を秘めています。

ダウンの含有量が多い!

ダウンがパンパン
●ダウンがパンパン

「ヒムダウンパーカ」に含まれているダウン量は、ノースフェイスの中でも1番多いです。

ダウンがパンパンで有名な「バルトロライトジャケット」よりも多くのダウンが封入されています。

遊パパ

ダウンの質と量で圧倒的な保温力を生み出します。

防風性が高い!

襟元が高くて隙間がない
●襟元が高くて隙間がない

寒さの大敵は「風」です。

どんなに保温力のある服でも、防風性が低いと意味がありません。

そんな、「風」にも強いのが「ヒムダウンパーカ」。

特に、風が侵入しやすい首や顔まわりにはダウンの量を多く詰め込み、なるべく隙間が少なくなっています。

手首のベルクロや裾のドローコードなど、防風性の高さも魅力のダウンジャケットです。

特徴② 「GORE-TEX INFINIUM」を採用!

GORE-TEX INFINIUMを採用
●GORE-TEX INFINIUMを採用

「ヒムダウンパーカ」の生地には、「GORE-TEX INFINIUM」が採用されています。

「GORE-TEX INFINIUM」とは、「GORE-TEX」従来の防風・透湿性に加えて「軽さ」「動きやすさ」などの快適性を追加した素材。

通常の「GORE-TEX」よりも着心地が良いので、着ていても全然疲れません。

●「GORE-TEX」と「GORE-TEX INFINIUM」の違い!

GORE-TEXの種類と性能の違い
●GORE-TEXの種類と性能の違い

しなやかな生地感で着心地が良い!

しなやかな生地感
●しなやかな生地感
遊パパ

柔らかくて軽いので、着心地が良くて快適です!

撥水性も高い!

快適性を重視したことで「GORE-TEX」よりも防水性は劣りますが、それでも充分な防水性能を誇ります。

しっかり水を弾く
●しっかり水を弾きます

ボリュームのあるシルエットの「ヒムダウンパーカ」ですが、「GORE-TEX INFINIUM」を採用していることで「軽さと動きやすさ」を実現しています。

また、快適性だけでなく雨や風からもしっかり守ってくれます。

遊パパ

保温力から快適性までかなりレベルが高いダウンジャケット。

特徴③ フードの取り外しが可能

フードの取り外しが可能
●フードの取り外し可
フードを取り外した状態
●フードを取り外した状態

「ヒムダウンパーカ」のフードは、ボタンで簡単に取り外しが可能です。

かなり大きめなフードなので、極寒や風が強い時以外では正直かさばって邪魔です。

そんな時は、フードを取り外して使えばスマートに着こなせます。

遊パパ

フードを外せばタウンユースでも全然イケますね!

特徴④ 収納が可能!

スタッフサック
●スタッフサック

「ヒムダウンパーカ」は、スタッフサックに収納し持ち運ぶことができます。

しかし、実際には持ち運んで使う場面は普段の生活の中では皆無に等しいので個人的にはあってもなくてもいい装備かなと思います。

遊パパ

極地エクスペディション(探検)では便利かも?

ノースフェイス「ヒムダウンパーカ」のサイズ感!

ここでは、「ヒムダウンパーカ」の実際のサイズ感を紹介します。

Sサイズを着用した場合のサイズ感
●正面 Sサイズ着用
Sサイズを着用した場合のサイズ感
●側面 Sサイズ着用
Sサイズを着用した場合のサイズ感
●後面 Sサイズ着用

身長170㎝、体重70㎏のややガッチリ体型でSサイズを着用。

インナーにはロンTを着ていて、ジャストなサイズ感です。

「ヒムダウンパーカ」は、比較的大きめなサイズ設計なのでサイズ選びには注意が必要です。

サイズ感の口コミをまとめました!

スクロールできます
1人目2人目3人目
身長171㎝178㎝175㎝
体重64㎏70㎏77㎏
サイズ 備考S ジャストM ジャストM ジャスト
M 大きいL 大きいL 大きい
●サイズの口コミ!

ノースフェイス「ヒムダウンパーカ」の実際の使用感(メリット・デメリット)!

ヒムダウンパーカ
気になる点!
  • オーバースペックで暑い!
  • 車内や人混みだと着れない!

「ヒムダウパーカ」は、極寒に対応できる最上級の暖かさを誇る反面、オーバースペックで暑すぎる場合もあります。

モコモコとしたシルエットでかさばるので、人混みや電車内・車の中ではとてもじゃないですが着れません。

街着や普段使いには、オーバースペックで活躍する場面が少ない・着用機会が限定的になってしまうことは気になる点として知っておいた方がいいです。

逆に、真冬の屋外でじっと動かないでいる仕事や趣味がある人には、「ヒムダウンパーカ」がとてもオススメです!

ここが良い!
  • 最上級の保温力!
  • 防風性が高い!
  • フードを取り外せる!
  • ファッション性も高い!

「ヒムダウンパーカ」の最大の魅力・メリットは、その保温力(暖かさ)に限ります。

質にまでこだわったダウンを大量に詰め込み、「GORE-TEX INFINIUM」を採用し防風性もピカイチです。

「ヒムダウンパーカ」の保温力は、THE NORTH FACE(ノースフェイス)の中でもNo.1です。

フードを取り外せば、ブルゾンタイプでスマートに着こなせます。

肩の切り返しのデザインなどファッション性も高く、フードを外してパッと羽織れば街着でも全然着れます!

フード取り外した場合 前開き
●フード取り外した場合 前開き
●フード取り外した場合 前閉じ
●フード取り外した場合 前閉じ
遊パパ

寒がりの人なら、街着でもオススメです!

マニアおすすめ!ノースフェイスのダウンジャケット12選はこちら!

まとめ!

「ヒムダウンパーカ」は、以前発売されていた最上級ダウン「ヒマラヤンパーカ」の後継モデル。

圧倒的な保温力を引き継ぎ、デザインも現代風にアップデートされました。

極寒地などの極地向けダウンジャケットですが、着こなしや場面によっては街着でも着れます。

極地での観測、仕事や釣りなどの趣味で長時間外にいるような人には、「ヒムダウンパーカ」がとてもオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次