MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

ノースフェイス「サンダージャケット」の評価・サイズ感をレビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「サンダージャケット」をレビューします!

  • サンダージャケットの評価は?
  • 実際のサイズ感が知りたい!

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「サンダージャケット」の特徴を解説!
  • メリット・デメリットをレビュー!
  • 実際のサイズ感を写真付きで紹介!

本記事を読むだけで、「サンダージャケット」の特徴からメリット・サイズ感まで全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • 薄いのに暖かい!
  • 着回しのバリエーションが豊富!
  • 濡れても保温力が落ちない!
  • タウンユースに最適!

「サンダージャケット」は、タウンユースに使えるおすすめの薄手ダウンジャケット!

「サンダージャケット」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容になってます。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス『サンダージャケット』のスペック!

サンダージャケット
●サンダージャケット 出典:goldwin公式
サンダージャケット

価格:~¥28,600(税込)

素材:<表地>PERTEX Quantum(ナイロン100%)<中わた>HYBRID CLEANDOWN 光電子 PRO(ダウン54%、ポリエステル40%、フェザー6%)<裏地>PERTEX Quantum ECO(ナイロン100%)

サイズ:S、M、L、XL、XXL

重さ:約275g(Lサイズ)

ダウンと化繊わたの軽量ハイブリッドダウンのジャケット。高度な洗浄技術により汚れを徹底的に除去し、さらに撥水性を付加したクリーンなダウンに、身体が発する遠赤外線のエネルギーを利用して保温効果を発揮する光電子と撥水ポリエステルファイバーをブレンド。濡れても暖かさを保ちます。生地にはソフトな肌触りで非常に軽く、強度も兼ね備えるパーテックスカンタムを使用。耐久撥水加工を施し、急な天候変化にも対応します。本体をポケットに収納できるポケッタブル仕様。行動着としても積極的に活用できる1着です。

goldwin公式

ノースフェイス「サンダージャケット」のディティール!

まずは全体像からご覧ください!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面
遊パパ

私はネイビーカラーを選びました!

次に、細かいディティールを見ていきましょう!

首元
●首元
ロゴはプリント
●ロゴはプリント
遊パパ

キルティング加工が特徴的なデザイン!

ポケットは両サイドに2つ
●ポケットは両サイドに2つ
ハンドウォーマー機能付き
●ハンドウォーマー機能付き

ポケットに手を入れても暖かいハンドウォーマーが装備!

袖は絞られている
●袖の絞り
遊パパ

袖がダボつかずスタイリッシュに着こなせる!

ノースフェイス「サンダージャケット」の特徴!

圧倒的な保温力!

光電子PROダウンを採用
●光電子PROダウンを採用

「サンダージャケット」の暖かさの秘密は、中綿(わた)に「光電子PROダウン」が採用されていること。

「光電子PROダウン」は、一般的な「光電子ダウン」よりもパワーアップしたPRO仕様。

光電子ダウンは、人工の化繊繊維で人体からの遠赤外線を活用した保温力を生み出し、ダウンの弱点でもある濡れに強いのが特徴!

しかし、天然のダウンに比べると保温力が劣るのが弱点でした。

そこで、「光電子PROダウン」は天然のダウン・フェザーを80%、光電子ダウン(化繊繊維)を20%をハイブリッド。

ダウン本来の保温力+遠赤外線を活用した保温力+濡れても保温力が落ちない最高のダウンジャケットです。

光電子ダウン
光電子PROダウン
  • 化繊繊維
  • 人体からの遠赤外線で保温
  • 濡れに強い
  • 天然ダウンには保温力が劣る
  • 天然ダウン+化繊繊維のハイブリッド
  • ダウン本来+遠赤外線で保温
  • 濡れに強い
  • 保温力は最高峰レベル
光電子PROダウンがぎっしり
●光電子PROダウンがぎっしり
遊パパ

「光電子PROダウン」がぎっしり詰まってます!

着回しのバリエーションが豊富!

着用時期の目安
4月
アウター
7月
10月
アウター
1月
インナー
4月
アウター

「サンダージャケット」は、アウターとしてもインナーダウンとして使える万能ダウン

生地が薄いので、冬に「アウター」として着るには無理ですが、「インナーダウン」としてはかなりハイスペックです!

「サンダージャケット」の上から、ナイロンパーカーを羽織れば真冬も余裕で過ごせます。

近年、インナーダウンが流行っていますが「サンダージャケット」が非常に優秀です。

インナーとして使うのに首元が邪魔だという人には、ラウンドネック型も展開しているのでおすすめ!

\ラウンドネック型はこちら!/

圧倒的な軽さ!

約275g
●約275g

「サンダージャケット」は、約275gでとても軽い。

手で持ってみても、まるで空気を掴んでいるような感覚です。

着用しても軽すぎて守られているような感覚はなく本当に暖かいのか?と心配になるレベル。

着ていても全く疲れないですし、とても動きやすいです!

遊パパ

着た時の感覚と保温力の高さのギャップに驚きますよ!

「サンダージャケット」のサイズ感!

Lサイズを着用した際のサイズ感
●前開き Lサイズ着用
Lサイズを着用した際のサイズ感
●前閉じ Lサイズ着用
Lサイズを着用した際のサイズ感
●側面 Lサイズ着用
Lサイズを着用した際のサイズ感
●後面 Lサイズ着用

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型でLサイズを着用。

インナーには、ロンTを着ていてジャストサイズです。

「サンダージャケット」のサイズ設計は、かなりタイトめ。特に、腕回りが細くて二の腕が結構パツパツです。

普段着ているサイズの1つ上のサイズを選ぶ方がオススメです!

ジャストサイズで着こなしても、スタイリッシュでかっこいいですね。

遊パパ

普段Lサイズの私は、XLサイズを選んだ方が良かったかも?

Amazon・楽天ではセール実施中!お買い求めはお早めに!

「サンダージャケット」の使用感!(メリット・デメリット)

ここからは、私が実際に着てみて感じた使用感をレビューします!

気になる点!
  • サイズ選びが難しい!
  • 悪天候には向いてない!

敢えて、気になる点を挙げるとすれば、この2点。

「サンダージャケット」は、かなりタイトなサイズ設計で身体にフィットします。

そのため、サイズ選びに間違うとキツすぎて動きにくい可能性もあります。

また、「サンダージャケット」は防水性が低いので雨や吹雪の悪天候には向いてません。

遊パパ

濡れてしまっても保温力は落ちませんが、できれば濡れたくはないです。

ここが良い!
  • 薄いのに暖かい!
  • 着回しのバリエーションが豊富!
  • 濡れても保温力が落ちない!
  • タウンユースに最適!

「サンダージャケット」は、冬にアウターとして1枚で着るようなジャケットではありません。

でも、それがいいんです。

春・秋にはアウターとして、冬にはインナーダウンとして使える汎用性の高さが売りのダウンジャケット。

1年の中でも春・秋・冬の3シーズンにわたって使えるので余計な服が増えないのも良い点。

ちょっとした外出からタウンユースまで時期に限らず幅広く使えるので、個人的にはかなりオススメのダウンジャケットです!

オススメのダウンジャケット10選についてはこちら!

まとめ!

「サンダージャケット」は、保温力の高い薄手のダウンジャケット。

春・秋にはアウターとして、冬にはインナーダウンとして使える着回しの幅の広さが魅力。

タウンユースであれば1着あれば春・秋・冬と3シーズンで活躍すること間違いありません。

ややタイトなサイズ感なのでサイズ選びには注意が必要です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次