MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

パタゴニア「トレントシェル3Lジャケット」のサイズ感などを徹底レビュー!

  • URLをコピーしました!

Patagonia(パタゴニア)の定番マウンテンパーカー「トレントシェル3Lジャケット」

今回は、「トレントシェル3Lジャケット」を徹底レビューします!

  • 「トレントシェル3Lジャケット」の特徴は?
  • 実際のサイズ感が知りたい!

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • トレントシェル3Lジャケットのスペックを紹介!
  • 実際の写真付きでサイズ感をレビュー!
  • 使用用途・おすすめな人を解説!

本記事を読むだけで、「トレントシェル3Lジャケット」の特徴からサイズ感・おすすめな人など全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • 絶対失敗しないマウンテンパーカーを探している!
  • 街着・アウトドアで使い勝手の良いジャケットを探している!
  • ノースフェイスなど他人と被りたくない!

『トレントシェル3Lジャケット』は、街着・アウトドア両方で使える万能ジャケット。

「トレントシェル3Lジャケット」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容になってます。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

パタゴニア『トレントシェル3Lジャケット』のスペック!

トレントシェル3Lジャケット
●トレントシェル3Lジャケット 出典:パタゴニア公式
トレントシェル3Lジャケット

価格:¥22,000(税込)

素材:<表地>50デニール・エコニール・リップストップ・リサイクル・ナイロン100% <裏地>トリコットバッカー

サイズ:XS〜XXXL

重さ:394g

シンプルで控えめながら信頼のおけるトレントシェル 3L・ジャケットは、抜群の防水性/透湿性機能を発揮するH2Noパフォーマンス・スタンダード・テクノロジー採用の3層構造が、長持ちする防水性、耐久性と終日の快適さを提供。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

パタゴニア公式

「トレントシェル3Lジャケット」のディティール!

まずは全体像からご覧ください!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面

次に細かいディティールを見ていきましょう!

首元にフードのドローコード
●首元にフードのドローコード

首元にはフードのドローコード!絞ってフードをかぶれば防風性アップ!

センタージップにはダブルフラップ
●ダブルフラップ

センタージップは、止水ジップではないですがダブルフラップとなっていて防水性に優れています!

左胸にはパタゴニアのロゴマーク
●左胸のロゴマーク
両サイドにはジップ付きポケット
●両サイドにはジップ付きポケット
遊パパ

アクティブなアウトドア場面でも中身を落とす心配なし!

脇下のベンチレーション機能
●脇下のベンチレーション機能

脇下にはベンチレーション機能!ジャケット内の蒸れもすばやく解消。

トレントシェル3Lジャケットの裏地
●トレントシェル3Lジャケットの裏地
シームレス加工
●シームレス加工

裏地はシームレス加工が施されており、縫い目からの浸水をブロック!

袖のベルクロ
●袖のベルクロ
裾のドローコード
●裾のドローコード
遊パパ

抜け目のない本格派マウンテンパーカーです!

パタゴニア「トレントシェル3Lジャケット」の特徴!

パタゴニア独自開発の防水素材を採用!

パタゴニア独自開発「H2No素材」
●パタゴニア独自開発「H2No素材」

「トレントシェル3Lジャケット」には、パタゴニアが独自開発した防水素材「H2No(エイチツーノー)」が採用。

「H2No」は、完全防水・防風・透湿性に優れたパタゴニアの最高傑作です。

生地には、破れに強いリップストップナイロンを採用しており耐久性もとても優秀。

トレントシェル3Lジャケットの防水性
●トレントシェル3Lジャケットの防水性

防水性に関しては、耐水圧の明記がありませんが防水力最強の「Gore-Tex」にも引けをとりません。※完全防水のメンブレン素材を採用し、その構造自体もほぼ同じ

街着・アウトドアでの使用に関しては文句なしの防水性を誇ります。

他者が「Gore-Tex」を多用しているのに対して、パタゴニアは「Gore-Tex」に一切頼らず自社の「H2No」のみ使用しているのはパタゴニアの商品力の高さがあってこそ。

街着・アウトドアどちらでも使える万能性!

「トレントシェル3Lジャケット」は、登山などアウトドア場面はもちろん街着でも使い勝手の良いジャケットです。

上述したように、高い防水性や脇下のベンチレーションやドローコードなどの細部の作りから、アウトドアには最適な機能を有しています。

街着においては、ポケットが低い位置に設計されていて使い勝手が抜群です。

使い勝手がいいポケットの位置
●使い勝手がいいポケットの位置

※通常、登山に特化したマウンテンパーカーではリュックの腰ベルトが干渉しないように高い位置にポケットが配置。

●例:ノースフェイス FLスーパーヘイズジャケット
遊パパ

正直、ポケットの位置が高いと街着においてはとても不便!

  • アウトドアに向いている理由:高い防水性・ベンチレーション機能・ドローコード
  • 街着に向いている理由:高い防水性・ポケットの位置

「トレントシェル3Lジャケット」は、こういった機能性からも街着・アウトドアどちらでも使える万能ジャケットなんです!

「トレントシェル3Lジャケット」のサイズ感・サイズ選びのポイント!

Mサイズを着用した時のサイズ感
●正面 前開き Mサイズ着用
Mサイズを着用した時のサイズ感
●正面 前閉じ Mサイズ着用
Mサイズを着用した時のサイズ感
●側面 Mサイズ着用
Mサイズを着用した時のサイズ感
●後面 Mサイズ着用

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型でMサイズを着用。

インナーには、ロンTを着ていてやや大きめ、厚手のパーカーなど着込める余裕があるサイズ感です。

パタゴニアの製品はUS規格のためやや大きめのサイズ設計。

普段、私はLサイズがを選ぶことが多いですが、「トレントシェル3Lジャケット」はMサイズを選択しました。

普段のサイズから1つ下のサイズを選ぶのがベストチョイスですよ!

サイズ選びのポイント!

  • 身長170㎝,体重70㎏でMサイズを着用
  • 「トレントシェル3Lジャケット」はやや大きめのサイズ設計
  • 普段のサイズより1つ下のサイズを選ぶのがオススメ

「トレントシェル3Lジャケット」の剥離問題についに終止符!

「トレントシェルジャケット」は、以前から経年劣化によって裏地が剥離してしまうという問題がありました。

しかし、2020年のモデルチェンジからその「剥離問題」について終止符が打たれました!

「トレントシェル3Lジャケット」の『3L』は、生地の3層(レイヤー)構造を意味。※以前のモデルは2.5層

以前は、裏地に樹脂コーティングを施していましたが今回のモデルでは、トリコットバッカーを新採用。

トリコットバッカーは、織物のようなニット生地のことでコーティングとは違い剥離することがありません。

実際に、他社のGore-Texジャケットの裏地にも使われているぐらい耐久性に優れています!

●裏地にトリコットバッカーを新採用

「トレントシェルジャケット」のリニューアルによって、今まで最大のデメリットであった「剥離問題」も改善され、弱点のない万能ジャケットに!

また、防水性が低下してきたと感じられたら「ニクワックスの防水スプレー」を使えば、防水性が復活するのでオススメです!

\ここをクリック!/

「トレントシェル3Lジャケット」のメリット・デメリット!

気になる点!
  • 特別「ここが凄い」という点がない!

「トレントシェルジャケット」の最大のデメリットであった剥離問題は今回のリニューアルで改善され、本当に欠点がなくなったジャケット。

あえて、デメリットを絞り出すとしたらこの一点だけ。

「防水性がとりわけ凄い」「登山に最も最適」「ファッション性がとても高い」といった、特に1つのポイントに特化したメリットがありません。

裏を返せば、街着・アウトドアどちらにも適しているという点に特化した万能ジャケットです。

ここが良い!
  • 高い防水性
  • 街着・アウトドアでも使える凡用性
  • コスパが良い
  • 総合的に絶対失敗しないジャケット

「トレント3Lジャケット」は、高い防水性に加えて街着・アウトドアで使える凡用性の高さが特徴。

街着・通勤・ちょっとしたアクティビティなど、まさにオールラウンダーという言葉がぴったりなジャケットです。

それでいて、コスパに優れており税込22,000円。

ノースフェイスの同性能・価格帯「ドットショットジャケット」と比べても、ベンチレーションや劣化具合の観点からも、「トレントシェルジャケット」の方が圧倒的にコスパが優れています!

より高スペックな最新鋭の素材を使った本格派マウンテンパーカーは他社にもあるだろう。

しかし、機能性・デザイン・汎用性・コスパ・耐久性を含めて「総合的」に考えた場合、「トレントシェル3Lジャケット」は最も失敗しないジャケットではないでしょうか。

「トレントシェル3Lジャケット」の使用用途・おすすめな人!

着用時期の目安
4月
7月
10月
1月
4月
使用用途
街着向け
どっちもオススメ
1
アウトドア向け

「トレントシェル3Lジャケット」は、50デニールの薄すぎない程よい厚さの生地感。

居住地域によりますが、私の住む東北地方では真冬の出番はほとんどありません。

着用時期のメインは、春と秋あたりが実用的かと思われます。

使用用途は、上述しているとおり街着・アウトドアどちらでも使える汎用性の高さが売り(ウリ)です!

オススメな人!

  • 絶対失敗しないマウンテンパーカーを探している!
  • 街着・アウトドアで使い勝手の良いジャケットを探している!
  • ノースフェイスなど他人と被りたくない!

「トレントシェル3Lジャケット」は、機能性・デザイン・汎用性・コスパなど本当に欠点の少ない堅実なジャケット。

もし、あなたがジャケット選びに迷っているとしたら間違いなくオススメのアイテムです。

アウトドアブランドが流行の現在、特にTHE NORTH FACEが街を席巻(せっけん)していますが、他人とあまり被りたくない人はパタゴニアで攻めてみるのもいいですよ!※パタゴニアも定番ですが(笑)

まとめ!

Patagonia(パタゴニア)の「トレントシェル3Lジャケット」は、高い機能性に加えて街着・アウトドアで活躍する万能ジャケット。

以前は、裏地が劣化し剥離してしまうというデメリットがありましたが、現在は改善され本当に抜け目のないモデルに進化を遂げました。

コスパも良くて、マウンテンパーカーに手を出したことがない初心者から上級者まで全ての人を満足させてくれます。

「絶対に買って失敗しない」そんなアイテムをぜひ一度手に取ってみてください。

以上、「トレントシェル3Lジャケット」のレビューでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次