MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

ノースフェイス「トランゴパーカ」は寒い?サイズ感やメリットを徹底レビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「トランゴパーカ」をレビューします。

  • 「トランゴパーカ」の特徴は?
  • サイズ感が知りたい!
  • 「寒い」ってレビューを見るけど実際はどうなの?

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「トランゴパーカー」のスペックを紹介!
  • 実際のサイズ感を写真付きで解説!
  • 暖かさ・使用感(メリット・デメリット)をレビュー!

本記事を読むだけで、「トランゴパーカ」のメリットやサイズ感・実際の使用感が分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • 軽量であたたかい
  • ストレッチ性があり動きやすい
  • スタイリッシュなシルエット

「トランゴパーカ」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容になってます。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス『トランゴパーカ』のスペック!

トランゴパーカ
●トランゴパーカ 出典:goldwin公式
トランゴパーカ

価格:¥29,700(税込)

素材:Micro Rip Matte Nylon(ナイロン100%)<中わた>V-Motion Insulation(ポリエステル100%)

サイズ:S、M、L、XL、XXL

重さ:約610g(Lサイズ)

軽さと暖かさ、動きやすさを兼ね備えたインサレーションジャケット。繊維が細く柔らかいポリエステルの蛇腹状の板わた「V-Motion」で、ダウンのようなかさ高とふんわり感を実現。軽量ながらも空気を多くため込み、高い保温性を確保します。生地はほどよくストレッチする薄手のリップストップナイロンで、撥水性も備えています。静電気の発生を抑える静電ケア設計を採用。コンパクトに収納でき、携行に便利なスタッフサック付き。洗濯のしやすいイージーケアで、アウトドアのみならず普段使いにも適した1着です。

goldwin公式
遊パパ

軽さとあたたかさ、動きやすさが特徴のダウンジャケット!

ノースフェイス『トランゴパーカ』のディティール!

まずは全体像から見ていきましょう!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面

次に細かいディティールを見ていきます。

ロゴは刺繍
●ロゴは刺繍

ロゴは刺繍で質感good!

両サイドのジップ付きポケット
●両サイドのジップ付きポケット
裏面
●裏面
左側の内ポケット
●左側の内ポケット
右側の内ポケット
●右側の内ポケット

ポケットは充実の4箇所!

ダブルジップ
●ダブルジップ

ダブルジップで使い勝手◎!

使いやすいゴム製リブ
●使いやすいゴム製リブ
裾のドローコード
●裾のドローコード
遊パパ

ディティールに対する不満はまったくありません。

ノースフェイス『トランゴパーカ』の特徴!

「トランゴパーカ」の最大の特徴は、「V-Motion  Insulation」を採用したストレッチ性のある軽量中綿ジャケットであること。

V-Motion  Insulation
●V-Motion  Insulation 出典:KOMPAS公式

「V-Motion  Insulation」は、中綿の化繊繊維をアコーディオン状の構造にすることで、軽量でストレッチ性のある素材。

そんな「ビレイヤーパーカ」の特徴を深掘りしていきましょう!

軽くて着心地がいい!

とても軽い
●とても軽い

「トランゴパーカ」の重さはなんと約610g(Lサイズ)。

他のダウンジャケット比較してもトップクラスの軽さを実現。

スクロールできます
ドランコパーカビレイヤーパーカバルトロライトジャケットマウンテンダウンジャケット
約610g約780g約920g約1140g
●人気ダウンジャケットの重さ比較

軽さは着心地にも直結しており、着ていてもまったく疲れません。

むしろ心地がよい空気に包まれているかのような感覚です。

生地は薄いのに「あたたかい」

生地自体は薄め
●生地自体は薄め

「ドランコパーカ」はダウンジャケットの中でも薄手のジャケット。

「真冬でもTシャツ1枚で過ごせる」ほどの保温力は持ち合わせていませんが、インナー次第では冬も乗り越えられます。

「V-Motion  Insulation」によって、ダウンの量に対してしっかり厚みを持たせており『軽量なのに暖かい』を生み出してくれます。

寒さが本格的になる前の秋から冬にかけては、1枚で活躍してくれること間違いありません。

ストレッチ性があり動きやすい!

ストレッチが効いた生地
●ストレッチの効いた生地

「V-Motion  Insulation」はアコーディオン状の形状であるため、ストレッチが効いておりとても動きやすいです。

生地自体もふんわりとしたやわらかい着心地で動きの邪魔にならず、とても快適に着用できます。

遊パパ

軽くて、動きやすくて、暖かい!

撥水加工が施されている!

撥水加工
●撥水加工

「トランゴパーカ」は、Gore-Texほどの防水性ではありませんが「撥水加工」が施されています。

タウンユースでは充分な撥水性です。

強雨に対しては、ダウン内に浸水してしまう可能性が高いですが、「V-Motion  Insulation」の化繊繊維は雨で濡れてしまっても保温力を維持してくれます。

雨や雪に対する「濡れ」の心配は一切必要ありません。

遊パパ

撥水性が落ちてきたら撥水スプレーがオススメです!

\ここをクリック!/

コンパクトに収納可能!

スタッフサック
●スタッフサック

「トランゴパーカ」は、スタッフサックにコンパクトに収納できて持ち運びが可能。

実際には、持ち運ぶ機会は多くありませんが予備の防寒対策としても優秀なジャケットです。

ノースフェイス「トランゴパーカ」のサイズ感!

Lサイズを着用したサイズ感
●前開き Lサイズ着用
Lサイズを着用したサイズ感
●前閉じ Lサイズ
Lサイズを着用したサイズ感
●側面 Lサイズ着用
Lサイズを着用したサイズ感
●後面 Lサイズ着用

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型でLサイズを着用。

インナーにロンTを着ていてジャスト〜少しゆとりのあるサイズ感です。

「トランゴパーカ」のサイズ感は、標準的なサイズ設計です。

普段Lサイズが多い私も、Lサイズがベストチョイス!

普段通りのサイズ選びで間違いないです。

「トランゴパーカ」の実際の使用感は?(メリット・デメリット)

トランゴパーカ
●トランゴパーカ
気になる点!
  • 真冬に着るには保温力が物足りない

「トランゴパーカ」は、軽量で比較的薄手のジャケットの割には保温力は高いです。

しかし、圧倒的な暖かさか?と言われるとそうではありません。

生地自体がそれほど厚くなくスタイリッシュなシルエットであるためダウンの量が少ないからです。

ですので、実際には真冬前後の時期の着用が現実的です。

「トランゴパーカは寒い」とのレビューを見かけますが、それは着用目的の時期が違うからです。

真冬に着るのも目的としている場合では、「トランゴパーカ」はあまりオススメできません。

ここが良い!
  • 暖かい!
  • ストレッチ性があり動きやすい!
  • 軽くて疲れない!

「トランゴパーカ」を着用して感じることは、「生地の厚さに対して保温力の高さのギャップ」。

「この厚さのジャケットを着るとこれぐらい暖かいな」というのが着る前・着ている時にだいたい予想がつきますよね?

しかし、「トランゴパーカ」はその予想を良い意味で裏切ってきます。

今日の寒さに対してトランゴパーカでいいかな?と思って出掛けると暑すぎるってこともあります。

真冬に着るには物足りなさはありますが、秋〜冬にかけて活躍すること間違いないです。

ゴワゴワしている着心地のダウンジャケットでは、動きにくさや使い勝手が悪く出番が少なくなりがち。

しかし「トランゴパーカ」であれば、ストレッチ性があり動きやすく・疲れ知らずでアウターに迷った時に自然に手が伸びてしまいます。

遊パパ

本格的なダウンジャケットの他に1着「トランゴパーカ」あれば無敵!

マニア厳選!ノースフェイスおすすめダウンジャケット11選はこちら!

まとめ!

「トランゴパーカ」は、軽さ動きやすさを兼ね備えた中綿ジャケット!

真冬には着るには保温力が物足りないですが、その見た目と暖かさのギャップの違いには驚きです。

圧倒的な暖かさとは言えませんが、秋〜冬にかけてオススメのジャケットです。

サイズ選びには、普段通りのサイズをチョイスするがベストです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次