MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

『ジップインジップ対応』アコンカグアジャケットの特徴やサイズ感をレビュー!

  • URLをコピーしました!

みなさんこんにちは!

ノースフェイスのジップインジップシステムって便利ですよね!

暑い時は取り外して、寒い時は取り付けることで手軽に暑さ調整ができます。

そこで紹介したいのは、ノースフェイスのジップインジップ対応モデル「アコンカグアジャケット」です!

アコンカグアジャケットは、ジップインシステム対応ジャケットでインナーに取り付けることができます。

また、インナーだけではなくアウターとしても使用できる万能なジャケットです。

本記事では、アコンカグアジャケットの特徴やサイズ感をレビューしていきたいと思います。

この記事を読むとこんなことが分かります!

  • アコンカグアジャケットの特徴やサイズ感は?
  • アコンカグアジャケットの注意点は?
  • アコンカグアジャケットの使用用途は?

遊パパ

私は主に、マウンテンライトジャケットにジップインジップをして使用しています!

目次

アコンカグアジャケットとは?

アコンカグアジャケットの全体像
●全体像 正面

名前にもなっているアコンカグアとは、アンデス山脈にある南米最高峰の山の名前です。

アコンカグアジャケットとは、THE NORTH FACE公式サイトによると

温かさと軽さを持つ、定番のダウンジャケット。

20デニールと軽量なナイロンを使用し、撥水加工を施した生地で多少の雨や雪を弾いてくれます。

やや光沢感のある生地感で品のある風合いを演出してくれます。

と紹介されています。

ノースフェイス独自のジップインジップシステムに対応しているジャケットなのでシーンを問わず、インナーとアウターどちらでも使用できるジャケットです。

遊パパ

メインはジップインジップ用に使用する場面が多いでしょう!

ノースフェイス アコンカグアジャケットの特徴!

ジップインジップシステムに対応!

アコンカグアジャケットの最大の特徴と言っていいでしょう!

ノースフェイス独自のジップインジップシステムに対応しています。

ジップインジップシステムとはアウターとインナーをジップで連結できるシステムのことです。

アコンカグアジャケットはジップインジップ対応モデルであるため対応するジップの型をしています。

ジップの型は、YKKのVISLON 5VSという型です。 

ジップインジップ専用ジップ
●ジップインジップ専用ジップ

また、ジップだけではなく手首と襟元にジップインシステム対応の連結ループがついてます。

連結ループによって袖と襟を連結することでアウターとインナーのフィット性が向上します。

袖の連結ループ
●袖の連結ループ

連結するアウターとアコンカグアジャケットが同サイズであればジップが余ることがなくぴったりとフィットします。

ジップ余りがない状態
●ジップ余りがない状態

次の写真はジップが余ってしまっている状態です。

ジップの規格が合っていればジップインジップ可能ですが、対応ジャケットでないと写真のようにジップが余ってしまいます。

ジップが余っている状態
●ジップが余っている状態

軽量で持ち運びに便利!

20デニールと細め生地を使用しており、軽くてやわなかな手触りです!

生地が薄く、ソフトな作りなので小さくたたむことができ付属のスタッフサックに入れることでどこでも持ち運びに便利なサイズ感になります!

スタッフサック
●スタッフサック
スタッフサックに収納した状態
●スタッフサックに収納

保温性に優れた光電子ダウンを使用!

光電子ダウンを使用

保温性に優れた光電子ダウンを使用しています。

そのため、軽やかでしなやかな生地感であるにもかかわらず、とても温かいジャケットです。

光電子とは、人間の体温を利用して、快適な温かさを作り出してくれる繊維のことです。

ここでいう体温とは、直接肌に触れた際に伝わる熱ではなく、人体から出る遠赤外線のことを言います。

この光電子の技術は、国内特許だけではなく世界10ヶ国で国際特許を取得しています。

ジップインジップにアコンカグアジャケットを選ぶ理由!

ジップインジップシステムにはジップサイズが一致するためユニクロのフリースを連結してる人も多いですし、オススメしてる方もいます。

でも、フリース素材って着たり脱いだりする時に摩擦があるので脱ぎ着しにくくないですか?

恐らく、ロンTやスウェットなど長袖の上からジップインジップしたアウターを着る機会が多いと思います。

そんな時に着脱しにくいフリースがついたアウターって手軽に着れないですよね?

なので、私はユニクロのフリースにしろ摩擦のある素材の連結はオススメしません。

着脱のしやすさで言えば、ナイロン素材のものでしまむらのダウンジャケットをオススメしている人もいます。

しかし、しまむらのダウンジャケットはジップインジップ専用に設計された訳ではないのでジップが余ってしまいます。

ジップ余りの状態
●ジップ余り

さらに、袖口と襟元での連結ができません。

そこで、温かさと脱ぎ着のしやすさ、アウターとのフィット性の全てを叶えてくれるのがアコンカグアジャケットです。

値段はユニクロやしまむらに比べるとかなり高額ですが、背に腹は変えられません。

以上がアコンカグアジャケットを選ぶ理由です!

2021年から新ジップインシステム!

ジップインマグネシステム!

2021秋冬から発売されているアコンカグアジャケットですが、実はジップインジップに対応していません。

今シーズンから新ジップインシステムとしてジップインマグネシステムが採用されているのです。

新ジップインマグネシステムは今まで袖口と首の襟元にあった連結ループが排除され磁石が挿入されています。

その磁石で新ジップインマグネシステムに対応するアウターと磁石同士で連結することができます。

注意点としては、今まで使っていたジップインジップシステムのジップとは規格が違うので今まで使ってたアウターとは連結ができませんので注意が必要です。

遊パパ

これからアコンカグアジャケットを購入しようと思っている人は注意が必要です!

注意点!

ジップインシステムありきで考える(アウター用としては機能が弱い)

アウター用としての使用も想定しているため、撥水加工が施されていて軽度の雨や雪を弾いてくれます。

また、保温力のある光電子ダウンを使用しているため保温性にも優れています。

しかし、ノースフェイスのダウンジャケットの中には、他にも保温力が優れたGore-Texのジャケットも多いです。

ですので、アウター用に購入を考えている方には他のダウンジャケットをオススメします。

アコンカグアジャケットを購入する目的はただ1つです!

ジップインシステム用のインナー専用として使用!

遊パパ

アウターとして手軽に着れるジャケットですが、実際にアウターとして使用したことはないです!

アウターと同サイズじゃないとジップが余る

ジップインシステム専用ではない、ユニクロやしまむらのジャケットの時もでしたが連結するアウターと同サイズでないとジップが余ってしまいます。

基本的なサイズ選びとして、現在着用しているアウターと同サイズを選ぶのが間違いないと思います。

遊パパ

私は、マウンテンライトジャケットがMサイズ。アコンカグアジャケットもMサイズを着用しています!

ノースフェイス アコンカグアジャケットのサイズ感!

Mサイズを着用したサイズ感
●正面 Mサイズ着用

身長170㎝、70㎏ インナーにはロンTを着用していてジャストサイズです。

基本的には、合わせたいアウターと同サイズを選べば問題ないかと思います。

オススメな人!

  • ジップインシステムに対応している保温性の高いジャケットが欲しい人
  • ユニクロやしまむらのようにジップ余りせずフィット性のあるジャケットが欲しい人

保温力のあるフィット性の高いジップインシステム対応のジャケットが欲しい人には特にオススメです。

まとめ!

いかかでしょうか?

アコンカグアジャケットはジップインシステム対応のジャケットです。

保温力に優れる上、アウターとのフィット性も抜群です。

ジップインだけではなく単独でアウターとしての使用も想定されていますが実際には、アウターとしての保温力は弱いです。

ジップイン専用のインナーダウンとしての使用がオススメです!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる