MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

ノースフェイス「ビレイヤーパーカ」の特徴やサイズ感を徹底レビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「ビレイヤーパーカ」を徹底レビューします。

ノースフェイスのダウンジャケットといえば、「バルトロ・・マウンテンダウン・・ヌプシ・・」が有名ですが、「ビレイヤーパーカ」も実は隠れた人気ダウンです。

そんな「ビレイヤーパーカ」の魅力を深掘りしていきましょう!

  • 「ビレイヤーパーカ」ってなにが凄いの?
  • 実際のサイズ感を知りたい!
  • 「バルトロライトジャケット」とどっちがオススメ?

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「ビレイヤーパーカ」の特徴を解説!
  • 実際の写真付きでサイズ感を紹介!
  • 使用感(メリット・デメリット)をレビュー!
  • 「バルトロライトジャケット」と比較レビュー!

本記事を読むだけで、「ビレイヤーパーカ」の魅力・サイズ感・オススメな人など全てが分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • スタイリッシュなダウンを探している!
  • 人気ダウン(バルトロなど)と被りたくない!
  • ビジネス・スーツスタイルでも着こなせるダウンを探している!

『ビレイヤーパーカ』は、保温力を重視したタウンユース向けのシティ派ダウンジャケット。

「ビレイヤーパーカ」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容になってます。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

人気商品のため売り切れが予想されます。狙うならAmazonが穴場です!

目次

ノースフェイス『ビレイヤーパーカ』のスペック!

ビレイヤーパーカ 出典;goldwin公式
●ビレイヤーパーカ 出典;goldwin公式
ビレイヤーパーカ

価格:¥61,600(税込)

素材:表地 30D GORE-TEX INFINIUM WINDSTOPPER Insulated Shell (2層)-表: 100% ナイロン; 裏: 100% 合成繊維(ePTFE); 中わた CLEANDOWN 光電子 PRO: 72% ダウン, 20% 複合繊維(ポリエチレン, ポリプロピレン), 8% フェザー; 裏地 PERTEX Quantum Super DWR: 100% ナイロン

サイズ:XXS〜XL

重さ:約780g(Lサイズ)

クライミングのビレイ時はもちろん、幅広いフィールドアクティビティで使える、保温性を重視したダウンジャケットです。GORE-TEX INFINIUM PRODUCTSの内側に光電子プロダウンをたっぷり封入。羽毛加工メーカーの高度な洗浄技術により、汚れを徹底的に除去したクリーンなダウンを使用。さらにシェイプドバッフル構造でコールドスポットを減少することで、ウエア全体の保温力を向上しています。濡れたアウターシェルの上から着ることを想定し、内側にも撥水素材を使用。内ポケットやグローブを乾かすための大型メッシュポケットなどの収納スペースも豊富です。

goldwin公式
遊パパ

光電子PROを採用した保温性重視のダウンジャケット。

ノースフェイス『ビレイヤーパーカ』のディティール!

まずは、全体像からみていきましょう!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面
遊パパ

シンプルなデザイン、スタイリッシュなシルエット!

次に、細かいディティールを見ていきましょう!

首元は高い
●首元

風の侵入を防ぐため首元は高めの設計!

ロゴはプリント
●ロゴはプリント

左胸のロゴはプリント。軽量化を図るための工夫かと思われます!

両サイドのジップ付きポケット
●両サイドのジップ付きポケット
左内ポケット
●左内ポケット
右側のジップ付き内ポケット
●右側のジップ付き内ポケット

ポケットは全部で4つ。必要充分なサイズと大きさ!

裏面
●裏面
光電子PROダウンがパンパンに詰められている
●光電子PROダウンがパンパン

「ビレイヤーパーカ」には、保温力最高峰の光電子PROダウンが採用。詳しくは後述。

手まで隠れる袖
●手の甲まで隠れる袖
袖内部のリブ
●袖内部のリブ

袖の奥にはリブがあり手の甲あたりまで隠れるように防風対策が施されている!

裾のドローコード
●裾のドローコード
遊パパ

首回り、袖、裾からの風の侵入をとことん防ぐ設計。さすがは保温力重視のダウンジャケット!

ノースフェイス「ビレイヤーパーカ」の特徴!

こだわり抜かれた保温力重視の機能!

「ビレイヤーパーカ」は、ノースフェイスの中でも保温力を重視したダウンジャケット。

その保温力の秘密を深掘りしていきましょう。

保温力の秘密その① 光電子PROダウンを採用。

●ダウンには光電子PROを採用

「光電子PROダウン」は、一般的な「光電子ダウン」よりもパワーアップしたPRO仕様。

光電子ダウンは、人工の化繊繊維で人体からの遠赤外線を活用した暖かさを生み出し、ダウンの弱点でもある「濡れ」にも強いのが特徴。

しかし、天然ダウン本来の保温力には劣ってしまうのが唯一の欠点でした。

その、欠点をも克服したのが『光電子PROダウン』

「光電子PROダウン」は、天然のダウン・フェザーを80%、光電子ダウン(化繊繊維)を20%をミックスしたハイブリッド素材。

ダウン本来の圧倒的な保温力と遠赤外線を活用した保温力がどこにも負けない『暖かさ』を実現してくれます。

さらには、「濡れ」にも強い。文句の付けどころがない完璧なダウンジャケットが「ビレイヤーパーカ」です。

光電子ダウン
光電子PROダウン
  • 化繊繊維
  • 人体からの遠赤外線で保温
  • 濡れに強い
  • 天然ダウンには保温力が劣る
  • 天然ダウン+化繊繊維のハイブリッド
  • ダウン本来+遠赤外線で保温
  • 濡れに強い
  • 保温力は最高峰レベル

保温力の秘密その② シェイプドバッフル構造。

シェイプドバッフル構造
●シェイプドバッフル構造 出典:goldwin公式

「ビレイヤーパーカ」は、ダウンの偏りによる隙間(コールドスポット)ができないよう「シェイプドバッフル構造」が採用。

ジャケット内部は、細かい部屋(空間)に仕切られていて、そこにダウンが詰めることで偏りを防いでいるイメージです。

シェイプドバッフル構造のおかげで、ジャケット全体から均一に効率よく身体を暖めることが可能です。

遊パパ

「ビレイヤーパーカ」の保温力に対するノースフェイスのこだわりが感じられます。

圧倒的に軽くて着心地がいい。

「ビレイヤーパーカ」の重さはなんと約780g。

ノースフェイスの他ダウンジャケットと比べても圧倒的に軽いです。

人気ダウンジャケットと重さを比べてみましょう!

スクロールできます
ビレイヤーパーカバルトロライトジャケットマウンテンダウンジャケットアンタークティカパーカ
約780g約920g約1140g約1980g
●人気ダウンジャケットの重さ比較

表を見てもうと分かるように「ビレイヤーパーカ」の脅威の軽さが分かると思います。

軽さとしなやかさが自慢の「バルトロライトジャケット」よりも軽いです。

屋外で長時間過ごす場合でも、「ビレイヤーパーカ」なら疲れにくいです

GORE-TEX INFINIUM(ゴアテックス インフィニウム)を採用!

Gore-Tex INFINIUMを採用
●Gore-Tex INFINIUMを採用

「ビレイヤーパーカ」は、生地に『GORE-TEX INFINIUM』を採用しています。

『GORE-TEX INFINIUM』は、通常のGORE-TEXよりも「軽さ」「動きやすさ」を優先した快適性の高い素材。

快適性を優先したことで「GORE-TEX」よりも防水性は劣りますが撥水加工が施されており、タウンユースであれば充分に対応可能です。

「GORE-TEX」従来の防風・透湿性に加えて快適性を優先した素材が『GORE-TEX INFINIUM』です。

GORE-TEXの性能の違い

●GORE-TEXの種類の違い

「GORE-TEX INFINIUM」を採用した「ビレイヤーパーカ」は、軽量・しなやかな生地でとても動きやすいです。

長時間着用してもまったく疲れずにとても快適に過ごすことができます!

特徴まとめ

  1. こだわりぬかれた保温力!
  2. 圧倒的な軽さ・着心地!
  3. 動きやすくて疲れにくい!

ノースフェイス「ビレイヤーパーカ」のサイズ感!

Mサイズを着用した時のサイズ感
●前開き Mサイズ着用
Mサイズを着用した時のサイズ感
●前閉じ Mサイズ着用
Mサイズを着用した時のサイズ感
●側面 Mサイズ着用
Mサイズを着用した時のサイズ感
●後面 Mサイズ着用

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型でMサイズを着用。

インナーは、ロンTを着ていてゆとりのあるサイズ感です。

厚手のパーカーやスウェットも着込めるぐらいの余裕があります。

「ビレイヤーパーカ」は大きめなサイズ設計なので普段より1つサイズを下げた方がいいです。※普段はLサイズが多い

遊パパ

Sだとジャストでしたが、ゆったり着こなすのが好きなのでMサイズにしました!

毎年早めに完売します。お求めの方は早めの検討を!

ノースフェイス「ビレイヤーパーカ」の使用感(メリット・デメリット)!

気になる点!
  • 強雨には弱い!
  • ファッション性は微妙?

あえてデメリットを挙げるとしたらこの2点。

「ビレイヤーパーカ」は、「GORE-TEX」に比べて防水性が劣ります。

特に、強い雨に長時間あたっていると雨が浸水する可能性が高いです。

しかし、「ビレイヤーパーカ」の撥水性は意外にも高くてタウンユースであれば充分な防水性。

スタイリッシュでシンプルなデザインはファッション性の観点から言うと、正直微妙なところ。

シンプルでキレイめに着こなしたい人にはオススメのダウンジャケットです!

ここが良い!
  • 光電子PROダウンを採用した最高峰の保温力!
  • スタイリッシュなシルエットで動きやすい!
  • 軽くて疲れない!

なんと言っても「ビレイヤーパーカ」のメリットは「暖かい」「軽い」「着心地がいい」の3拍子!

保温力に関しては、機能だけで言えばノースフェイスのダウンジャケットの中でも最高峰。

保温力を重視したダウンというだけあって、ダウンの質から構造までこだわりが詰まった1着です。

軽さに関しても、他のダウンジャケットを寄せ付けない脅威の780g

スタイリッシュなシルエットで動きやすいうえに、軽量で疲れにくい!

ビジネスやスーツスタイルにもマッチする「ビレイヤーパーカ」

こんなにも魅力が詰まった1着。絶対に買って損はしません。

Amazonや楽天ではセールになっていることも。購入の方はお早めに!

ノースフェイス「ビレイヤーパーカ」のおすすめな人!

オススメな人

  • 暖かくてスタイリッシュなダウンを探している!
  • 人気ダウン(バルトロなど)と被りたくない!
  • ビジネス・スーツスタイルでも着こなせるダウンを探している!

「ビレイヤーパーカ」は、とにかく保温力を重視して着心地もいい軽量なダウンジャケットを求めている人には最もオススメ。

「バルトロライトジャケット」も軽量で暖かいダウンジャケットですが、とても人気で街なかではバルトロで溢れています。

他人と被りたくない人には、「ビレイヤーパーカ」の選択肢もありでないでしょうか。

スタイリッシュなデザインで、ビジネス・スーツスタイルで着こなしたい人にもオススメしたい1着です。

マニア厳選!ノースフェイスおすすめダウンジャケット11選はこちら!

「ビレイヤーパーカ」VS「バルトロライトジャケット」どっちがオススメか?

「ビレイヤーパーカ」と「バルトロライトジャケット」の比較
●「ビレイヤーパーカ」と「バルトロライトジャケット」の比較

ノースフェイスの大人気ダウン「バルトロライトジャケット」と「ビレイヤーパーカ」を比較します。

比較項目は、デザイン(ファッション)性・保温力・快適性・使い勝手で評価。

デザイン(ファッション)性!

デザイン(ファッション)性は個人差や価値観によって感じ方が違いますが、私個人的な意見として参考にしてください。

  • スタイリッシュでキレイめに着こなしたいなら「ビレイヤーパーカ」
  • カジュアルで流行に乗りたいならなら「バルトロライトジャケット」

と言ったところでしょうか?

デザイン・ファッション性に優れてるのは「バルトロライトジャケット」の方が上です。

保温性能!

ビレイヤーパーカ
バルトロライトジャケット
  • 光電子PROダウン
  • シェイプドバッフル構造
  • 光電子ダウン
  • なか綿の量が多い

単純な中綿の性能と構造だけを見れば、「ビレイヤーパーカ」の方がダウンの質と構造で圧倒的に「バルトロ」より優れています。

しかし、「バルトロライトジャケット」はダウン性能を補うかのようにダウン量が「ビレイヤーパーカ」より多いです。

そのため、実際の保温性はどちらも同じぐらいと言っていいでしょう。

ただし、ダウンの性能や構造だけをみれば「ビレイヤーパーカ」の方が保温性が高いです。

快適性!

ビレイヤーパーカ
バルトロライトジャケット
  • GORE-TEX INFINIUM
  • スタイリッシュなシルエット
  • 780g
  • GORE-TEX INFINIUM
  • モコモコとしたシルエット
  • 920g

快適性で言えば、「ビレイヤーパーカ」も「バルトロライトジャケット」どちらも『GORE-TEX INFINIUM』を採用しており軽くてしなやかな生地で着心地◎。

しかし、「バルトロライトジャケット」はモコモコとしたシルエットで多少動きにくさを感じる場面があります。

また、重さも「バルトロライトジャケット」の方が若干重いので「ビレイヤー」より若干疲れやすいかと思います。

快適性に関しては、「ビレイヤーパーカ」が上です。

使い勝手!

ビレイヤーパーカ
バルトロライトジャケット
  • スタイリッシュなシルエット
  • 車の運転がしやすい
  • スーツにも似合う
  • モコモコとしたシルエット
  • 車の運転が若干しにくい
  • スーツには微妙

「バルトロライトジャケット」のしなやかさ・軽さは良い点ですが、シルエットがモコモコしており屋内や車の運転時に若干動きにくさを感じることがあります。

対して、「ビレイヤーパーカ」に関しては着用していても特に使い勝手が悪いと感じることはありません。

シンプルなデザイン、スタイリッシュなシルエットのおかげでビジネス・スーツスタイルでも着こなせるので汎用性も高い。

したがって、使い勝手においては「ビレイヤーパーカ」が上です。

結論!

ビレイヤーパーカ
バルトロライトジャケット
  • 実用性を重視
  • ファッション性を重視

以上の評価から、オシャレ・ファッション重視であれば「バルトロライトジャケット」がオススメです。

実用性を重視するのであれば、「ビレイヤーパーカ」がオススメ。

あくまで個人的な意見ですので、参考程度に自分にあったダウンジャケットを選んでみましょう!

「バルトロライトジャケット」のレビュー記事はこちら!

まとめ!

「ビレイヤーパーカ」は、保温性を重視したノースフェイス渾身の1着。

保温性だけではなく、軽量で着心地がよく使い勝手・実用性に長けたそんなジャケットです。

「ビレイヤーパーカ」はやや大きめのサイズ設計なのでサイズ選びには注意が必要。

普段より1つ下のサイズを選ぶのがオススメ。

人気の「バルトロライトジャケット」に比べても保温力・実用性に勝りますのでオススメのジャケットです!

以上、「ビレイヤーパーカ」のレビューでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次