MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

5年着用!「バルトロライトジャケット」のサイズ感は?使用感やメリットを本音レビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の人気No.1「バルトロライトジャケット」を本音レビューします。

「バルトロライトジャケット」は、少しタイトなシルエットでサイズ選びがちょっと難しいです。

そんな「バルトロライトジャケット」の特徴やメリット・身長170㎝が実際に着るサイズ感を紹介するので参考にして下さい。

  • 「バルトロライトジャケット」の特徴は?
  • 実際のサイズ感が知りたい!
  • 使用感(メリット・デメリット)は?
  • 「マウンテンダウン」「ビレイヤーパーカ」とどっちがおすすめ?

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「バルトロライトジャケット」の特徴を解説!
  • 実際のサイズ感を写真付きで紹介!
  • 使用感(メリット・デメリット)をレビュー!
  • 「マウンテンダウン」「ビレイヤーパーカ」との比較!

本記事を読むだけで、「バルトロライトジャケット」の特徴やサイズ感・実際の使用感まで全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • ファッション性が高い!
  • 軽くて着心地が良い!
  • 真冬にTシャツ1枚でも過ごせる保温力!

「バルトロライトジャケット」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容です。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んで下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス『バルトロライトジャケット』のスペック!

バルトロライトジャケット
●バルトロライトジャケット 出典:goldwin公式
バルトロライトジャケット

価格:¥60,500(税込)

素材:<表地>30D GORE-TEX INFINIUM<中わた>CLEANDOWN®光電子®(ダウン72%、レーヨン20%、フェザー8%)

サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL

重さ:910g(Lサイズ)

真冬の天体観測や雪上ハイクにも対応できる、高い保温性を持つ防寒ジャケット。中わたには、特殊セラミックスの遠赤外線効果により優れた保温効果が持続する光電子®ダウンを封入。高度な洗浄技術により、汚れを徹底的に除去したクリーンなダウンが高い保温性を確保します。表地には30デニールのGORE-TEX INFINIUM™PRODUCTSの2層構造を使用。防風性とともに耐水性もあり、雪や小雨程度の濡れを抑えます。中わた入りの内襟やフロントのダブルフラップなどでコールドスポットを軽減。携行に便利なスタッフサック付きです。

goldwin公式
遊パパ

ノースフェイスの中でもトップクラスの保温力!

ノースフェイス「バルトロライトジャケット」のディティール!

まずは、全体像から見ていきましょう!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面
遊パパ

特徴的な切り返しのデザインとモコモコシルエット!

次に細かいディティールを見ていきましょう!

首元
●首元
ダブルフラップ
●ダブルフラップ

風や雨の侵入を防いでくれる!

ロゴは刺繍
●ロゴは刺繍

ロゴは刺繍で質感が良い!

両サイドの胸ポケット
●両サイドの胸ポケット
遊パパ

止水ジップが嬉しいポイント!

両サイドの腹ポケット
●両サイドの腹ポケット
両サイドの内ポケットと左側のジップ付きポケット
●両サイドの内ポケットと左側のジップ付きポケット

ポケットは充実の全7ヶ所!全て実用的で文句の付けどころなし!

内側
●内側
ダウンがパンパンに詰められている
●ダウンがパンパン

高い保温力の秘密はこのダウンの量!ダウンが大量に封入されています。

袖のベルクロ
●袖のベルクロ
裾のドローコード
●裾のドローコード
遊パパ

保温性・防風性に関してはピカイチの性能です!

ノースフェイス「バルトロライトジャケット」の特徴!

ここからは「バルトロライトジャケット」の特徴を紹介していきます!

GORE-TEX INFINIUMを採用!

GORE-TEX INFINIUM
●GORE-TEX INFINIUM
袖のGORE-TEXマーク
●袖のGORE-TEXマーク

「GORE-TEX」が最強の防水素材であるのに対し、「GORE-TEX INFINIUM」は、しなやかさと動きやすさを追求した素材。

「GORE-TEX」と「GORE-TEX INFINIUM」の主な性能の違いは以下のとおり。

Gore-Texの種類と性能の違い
●Gore-Texの種類と性能の違い
遊パパ

「Gore-Tex」は防水性に長けているのに対して「GORE-TEX INFINIUM」は、着心地の良さを重視しています。

防水性も悪くない!

撥水加工
●撥水加工

「GORE-TEX INFINIUM」は、防水性が低いのですが撥水加工が施されています。

撥水加工なので、雨や吹雪には向いてませんがタウンユースでの小雨程度なら余裕で雨を弾きます。

むしろ、タウンユースであれば撥水レベルで充分じゃないですかね?

軽くて動きやすい!

「バルトロライトジャケット」は着た時の最初の感想がこれです。

とにかく軽くて着心地がいい!

「バルトロライトジャケット」は、30デニールのライトな生地感でとても軽くてしなやかな。

軽くて着心地が良いので、長時間のタウンユースでも全然疲れません!

遊パパ

今日は何を着ようか迷った時は、バルトロに自然に手が伸びちゃいます。

保温力はトップクラス!

ダウンが大量に詰められている
●ダウンが大量

「バルトロライトジャケット」の中綿(わた)は「光電子ダウン」を採用しています。

「光電子ダウン」は、化繊繊維(かせんせんい)で身体から出る遠赤外線を活用した高機能繊維。

「水に濡れても保温力が落ちない」という特徴もあり「GORE-TEX INFINIUM」の防水性の弱点もカバーします。

「バルトロライトジャケット」には、この「光電子ダウン」がパンパンに詰められていて保温力はトップクラスです。

遊パパ

真冬のインナーにTシャツ1枚でも余裕なくらい保温力が高い!

防風性が高い!

首・フード周りも防風性が高い
●首・フード周りも防風性が高い

「バルトロライトジャケット」の保温力の高さは、中綿(わた)の量だけではありません。

防風性の高さが関係しています。

「バルトロライトジャケット」は、首元・フード周りまでしっかりダウンが詰められており隙間がありません。

風が侵入にくい構造になっているので、冷気・風をしっかり防いでくれて保温力を維持してくれます。

遊パパ

防風性の高さも保温力には大事な要素!

スタッフサックに収納して持ち運べる!

持ち運び用のスタッフサック
●スタッフサック

実は、「バルトロライトジャケット」はスタッフサックに折りたたんで持ち運べるるんです。

実際の場面では、「バルトロライトジャケット」を持ち運ぶ場面はほとんどありませんが、一応覚えておいて下さい。

遊パパ

中古で買う時は、スタッフサックの有無も重要かも!

ノースフェイス「バルトロライトジャケット」のサイズ感!

ここからは、身長170㎝が実際に着る「バルトロライトジャケット」のサイズ感を見ていきます。

私は、MとLサイズの2着を所有しているのでそれぞれ見ていきましょう!

普段着ているLサイズはこちら!

\Lサイズ着用!/

Lサイズを着用した場合のサイズ感
●前開き Lサイズ
Lサイズを着用した場合のサイズ感
●前閉じ Lサイズ着用
Lサイズを着用した場合のサイズ感
●側面 Lサイズ着用
Lサイズを着用した場合のサイズ感
●後面 Lサイズ着用

Mのサイズ感をこちら!

\Mサイズ!/

Mサイズを着た場合のサイズ感
●正面 Mサイズ
Mサイズを着た場合のサイズ感
●側面 Mサイズ
Mサイズを着た場合のサイズ感
●後面 Mサイズ

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型の私はMとLサイズの2着所有しています。

インナーには、ロンTを着ていてそれぞれのサイズ感は以下のとおり。

Lサイズ
Mサイズ
  • ゆとりのあるサイズ感
  • 厚手の服も着込める
  • ゆったり着こなせる
  • ジャストフィット
  • 厚手の服は着込めない
  • ジャストサイズで着こなせる

Lサイズの場合は、程よいゆったり感でリラックスして着こなせます。

Mサイズの場合では、モコモコしたシルエットもあいまって少し動きにくいです。

私の場合は、普段からゆったりとした着こなしが好きなので「Lサイズ」を着ることが多いです。

「バルトロライトジャケット」は、他のダウンジャケットと比べてサイズ設計が小さいです。

ボリュームのあるシルエットなので、ジャストサイズ過ぎると動きにくいので注意が必要。

遊パパ

私と同じ身長170㎝ぐらいの痩せ型〜普通体型の方は、Mサイズがおすすめ!

サイズ感の口コミ!

「バルトロライトジャケット」のサイズ感の口コミを集めてみたので参考にして下さい!

スクロールできます
1人目2人目3人目
身長172㎝178㎝167㎝
体重64㎏70㎏57㎏
サイズ 備考M 程よいL ジャストS ジャスト
L 大きいXL 大きいM 大きい
●サイズの口コミ!

「バルトロライトジャケット」の実際の使用感(メリット・デメリット)!

ここからは、実際に「バルトロライトジャケット」を約4年着用して感じたメリット・デメリットを紹介します!

気になる点!
  • 人気で入手困難!
  • 屋内では暑すぎる!
  • 生地の強度が弱い!

「バルトロライトジャケット」を着用してきて特に気になる点は、「屋内では暑すぎる」こと!

確かに、保温力の高さは魅力的ですが屋内でショッピングしている時には、熱がこもってだんだん暑くなります。

フロントジップを開けていても、身体にフィットしたシルエットのためか熱が逃げにくいです。※脱いで余計な手荷物になることも

また、「GORE-TEX INFINIUM」の軽さ、着心地も魅力的ですが生地の耐久性は不安要素。

どこかに引っ掛けたり、擦れたりすると穴が空いてしまう可能性も高いです。

ここが良い!
  • ファッション性が高い!
  • 軽くて着心地が良い!
  • 真冬にTシャツ1枚でも過ごせる保温力!

「バルトロライトジャケット」は、人気No.1ダウンジャケットとだけあってオシャレかつ暖かさが魅力。

真冬でもTシャツ1枚で過ごせる保温力の高さは、ノースフェイスの中でもトップクラスです。

ダウンジャケットにありがちな、「重い」「着心地が悪い」「疲れる」とも無縁のジャケット。

「GORE-TEX INFINIUM」特有の軽さ・しなやかさに磨きをかけた、圧倒的な着心地の良さで動きやすくて疲れにくい。

タウンユースで1日中着ていたり、長時間の屋外活動にもオススメのダウンジャケットです!

遊パパ

「暖かさ」に目が行きがちですが、実際の使用感も重要なポイント!

ノースフェイスのダウンジャケットについてまとめた記事はこちら!

「マウンテンダウンジャケット」と「ビレイヤーパーカ」との比較!

「マウンテンダウンジャケット」と「バルトロライトジャケット」はどっちがオススメ?

「マウンテンダウンジャケット」と「バルトロライトジャケット」はどちらも保温力が高いです。

強いて言えば、「バルトロライトジャケット」の方が防風性も高いので暖かいかなと感じます。

また、着心地に関しても「バルトロライトジャケット」は「GORE-TEX INFINIUM」で軽さ・生地のしなやかさで優れています。

それぞれのスペックの違いを簡単に表します。

マウンテンダウンジャケット
バルトロライトジャケット
  • 保温力が高い
  • 少し硬い生地感
  • 防水性が高い
  • 生地が頑丈
  • 保温力が高い
  • 軽くて着心地がいい
  • 防水性が低い
  • 生地が弱い

次に、実際の使用場面による使い勝手の違いを表にまとめました!

スクロールできます
屋外活動吹雪や雨タウンユース車移動リュックを背負う

マウンテンダウン
ジャケット



バルトロライト
ジャケット


●着用環境・状況による比較表

屋外に長時間滞在している場合では、「バルトロライトジャケット」の方が防風性も高いのでおすすめです。

しかし、雨や吹雪など悪天候の時は「Gore-Tex」である「マウンテンダウンジャケット」の方がおすすめ。

屋内でのショッピングなどのタウンユースでは、「バルトロライトジャケット」だと暑過ぎてオーバースペック気味なことも。※マウンテンダウンはゆったりシルエットで熱が逃げやすい

さらに、リュックを背負う場合では、摩耗にも強い「マウンテンダウンジャケット」の方が適していると言えます。

遊パパ

着用場面による使い勝手の違いで選ぶべし!

詳しくは「マウンテンダウンジャケット」の記事で解説してます!

「ビレイヤーパーカ」と「バルトロライトジャケット」はどっちがオススメ?

「ビレイヤーパーカ」と「バルトロライトジャケット」は、どちらも「GORE-TEX INFINIUM」を採用したダウンジャケット。

中綿(わた)には、「ビレイヤーパーカ」が「光電子ダウンPRO」、「バルトロライトジャケット」には「光電子ダウン」「ビレイヤーパーカ」の方がハイスペック。

しかし、「バルトロライトジャケット」は中綿(わた)の含有量でスペックの弱点をカバーしています。※「バルトロ」の方がダウン量が多い。

したがって、保温力にはそれほど差がないと感じます。※体感できるほどの保温力の差はほぼない

「ビレイヤーパーカ」と「バルトロライトジャケット」の両者には、スペックの差はほぼありません。

大きな違いは以下の通り。

ビレイヤーパーカ
バルトロライトジャケット
  • 入手が比較的簡単
  • スタイリッシュなデザイン
  • スーツスタイルにも合う
  • 他人と被りにくい
  • 入手が困難
  • カジュアルなデザイン
  • スーツには合わせにくい
  • 他人と被りやすい

両者の大きな違いは、「デザイン」「人気度」「他人との被りやすさ」でしょうか。

「バルトロライトジャケット」は、人気すぎて入手が困難なのとせっかく手に入れても他人と被りやすいです。

「ビレイヤーパーカ」は、スタイリッシュなデザインでプライベートからビジネスシーンまで幅広く着用できるのがポイントです。

遊パパ

デザインとファッション性が違う点!

詳しくは、「ビレイヤーパーカ」の記事で解説してます!

まとめ!

「バルトロライトジャケット」は、ノースフェイス中で人気No.1ダウンジャケット。

「バルトロライトジャケット」は、少し小さめなサイズ設計なので普段より1つ上のサイズを選ぶことをオススメします。

人気すぎて手に入れるのが難しいですが、Amazonでの購入が実は穴場だったりします。

「欲しいけど既に売り切れ」「欲しいサイズがない」という人は、ぜひAmazonもチェックしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次