MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

「マウンテンダウンジャケット完全攻略」サイズ感や「バルトロ」との比較をレビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「マウンテンダウンジャケット」をレビュー!

ノースフェイスの数あるダウンの中でも、個人的に1番のオススメが「マウンテンダウンジャケット」です。

その理由を深掘りしていきましょう!

  • 「マウンテンダウンジャケット」の特徴は?
  • 実際のサイズ感が知りたい!
  • 使用感(メリット・デメリット)は?
  • 「バルトロライトジャケット」とどっちがオススメ?

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「マウンテンダウンジャケット」の特徴を解説!
  • 実際の写真付きでサイズ感を紹介!
  • 使用感(メリット・デメリット)をレビュー!
  • 「バルトロ」とどっちがオススメかを解説!

本記事を読むだけで、「マウンテンダウンジャケット」のメリット・デメリット・サイズ感など全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • ファッション性が高い!
  • 真冬にロンT1枚で過ごせる保温力!
  • 最強の防水性!
  • 屋内でも快適に着れる!

「マウンテンダウンジャケット」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容です。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んで下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス『マウンテンダウンジャケット』のスペック!

マウンテンダウンジャケット
●マウンテンダウンジャケット 出典:goldwin公式
マウンテンダウンジャケット

価格:¥68,200(税込)

素材:<表地>70D GORE-TEX(2層)<中わた>CLEANDOWN®(ダウン80%、フェザー20%)<裏地>PERTEX® QUANTUM(ナイロン100%)

サイズ:XS、S、M、L、XL

重さ:1140g(Lサイズ)

THE NORTH FACE定番の、肩切り替えデザインをあしらった防水ダウンジャケット。表地には70デニールのGORE-TEX PRODUCTSの2層構造を採用。肩、肘、後ろ裾端は高強度の生地で補強をしています。フロントはダブルフラップ仕様で、雨の浸入を軽減。中わたにはバージンダウンを使用しており、羽毛加工メーカーの高度な洗浄技術により、汚れやホコリを徹底的に除去したクリーンなダウンが高い保温性を確保。冬場にシーンを問わず活用できる1着です。

goldwin公式
遊パパ

ノースフェイスの中でも定番のダウンジャケット!

『ノースフェイス』マウンテンダウンジャケットのディティール!

まずは、全体像から見ていきましょう!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面

特徴的な切り返しのデザイン!かっちょええです。

次に、細かいディティールを見ていきましょう!

首元
●首元
ダブルフラップ
●ダブルフラップ

ダブルフラップジップで防水性も完璧!

ロゴは刺繍
●ロゴは刺繍
左腕のGore-Texロゴ
●左腕のGore-Texロゴ!

ロゴはすべて刺繍で質感も高い!

ポケットは大容量
●ポケットは大容量
右胸の内ポケット
●右胸の内ポケット

ポケットは大容量で使い勝手も◎!

ジップ脇の隠しポケット
●ジップ脇の隠しポケット
遊パパ

隠しポケットには、携帯電話を入れるのにちょうどよい!

裏面
●裏面

ダウンがパンパンに詰められてます!

フードのドローコード
●フードのドローコード
袖のベルクロ
●袖のベルクロ
裾のドローコード
●裾のドローコード
遊パパ

言うことなしの質感の高さ!

ノースフェイス「マウンテンダウンジャケット」の特徴!

生地と中わた(ダウン)が最強レベル!

「マウンテンダウンジャケット」に採用されている生地は、最強の「Gore-Tex」

中わた(ダウン)に関しては、保温力が1番高い「天然のダウン」が採用されています。

表生地「Gore-Tex!」

Gore-Tex
●Gore-Tex

表生地に採用されているのは、防水力最強の「Gore-Tex」です。

「Gore-Tex」の防水性は、耐水圧20.000〜40,000mmと言われておりどんな環境下でも絶対に濡れることがありません。

耐水圧とは?

  • 300mm・・・小雨に耐えられる
  • 2,000mm・・・中雨に耐えられる
  • 10,000mm・・・大雨に耐えられる
  • 20,000mm・・・嵐に耐えらえれる
遊パパ

「濡れ」に対して絶対の自信あり!

その他にも、「Gore-Tex」は防風性、透湿性、耐劣化性に優れていて、さまざまな生地の中でも最高峰の性能。

「Gore-Tex」に関しては、別記事で解説してます。

中わた「天然ダウン!」

天然ダウンが大量に詰められている
●天然ダウンがパンパン

「マウンテンダウンジャケット」の中わた(ダウン)には、水鳥から採取した「天然ダウン」が採用されています。

昨今では、ハイテク素材「化学繊維」が時代を席巻していますが、「天然ダウン」の保温力には及びません。

「天然ダウン」は圧倒的な保温力を誇ります!

水に濡れると保温力が落ちてしまう弱点がありますが、「マウンテンダウンジャケット」ならば「Gore-Tex」が絶対に浸水を許さないので保温力をキープします。

遊パパ

雨が降ろうと、吹雪だろうと圧倒的な保温力で寒さとは無縁!

GORE-TEX+天然ダウンの最強の保温性能!

裏地「PERTEX(パーテックス)」

裏地に採用されている「PERTEX」
●裏地に採用されている「PERTEX」
ダウン抜けがない
●ダウン抜けがない

実は、「マウンテンダウンジャケット」は裏地にも最高品質のPERTEX(パーテックス)生地を採用しています。

「パーテックス」は、世界最軽量の極細糸を高密度に織り込んでいるので軽量かつ耐久性にも優れています。

そのため、ダウンジャケットの弱点でもある「ダウン抜け」がほとんどありません!

遊パパ

表・中わた・裏地すべてで最高品質の素材を採用!

男心を魅了するカッコいいデザイン!

マウンテンダウンジャケットのバックデザイン
●個人的にお気に入りなバックデザイン

「マウンテンダウンジャケット」のデザインが好きな人も多いはず。私もその1人です。

「マウンテンダウンジャケット」を着ていると、「高揚感」「満足感」が湧いてきます。

個人的にバックデザインで好きで、後ろ姿なんかは特にかっこいいなと感じます。

遊パパ

オシャレする(気合いが入っている)時は、「マウンテンダウンジャケット」を好んで着ちゃいます!

ノースフェイス「マウンテンダウンジャケット」のサイズ感!

私は、マウンテンダウンジャケットを「Sサイズ」と「Mサイズ」の2着持っています。

私は少し大きめに着るのが好きなので普段は、『Mサイズ』を着用しています。

\Mサイズ/

Mサイズを着用した場合のサイズ感
●正面 前開き Mサイズ着用
Mサイズを着用した場合のサイズ感
●正面 前閉じ Mサイズ着用
Mサイズを着用した場合のサイズ感
●側面 Mサイズ着用
Mサイズを着用した場合のサイズ感
●後面 Mサイズ着用

身長170㎝、体重70㎏のややガッチリ体型でMサイズを着用!

インナーにロンTを着ていてやや大きいサイズ感、厚手のインナーも着れる余裕があります。

\Sサイズ/

身長170㎝,体重70㎏ Sサイズ着用
●身長170㎝,体重70㎏ Sサイズ着用

同じく、インナーにロンTを着ていてジャストなサイズ感です。

厚手のインナーを着込むと少し窮屈かなといった具合い。

「マウンテンダウンジャケット」のサイズは、やや大きめなサイズ設計。

普段よりも1つ下のサイズを選んだ方がカッコよく着こなせると思います!※普段私はLサイズが多い。

遊パパ

私と同じ身長くらいで痩せ〜普通体型の方は、Sサイズがオススメ!

\サイズ感の口コミ!/

スクロールできます
1人目2人目3人目
身長170㎝173㎝178㎝
体重56㎏62㎏65㎏
サイズ 備考S 少し大きいS ジャストM ジャスト
M 大きいM 少し大きいL 大きい
●サイズの口コミ!

サイズ選びのポイント

  • 「マウンテンダウンジャケット」はやや大きめなサイズ設計!
  • 普段の1つ下のサイズを選ぶのがオススメ!

※人気のため入手困難が予想されますが、Amazonでの購入が意外にも穴場です!

「マウンテンダウンジャケット」の実際の使用感(メリット・デメリット)!

「マウンテンダウンジャケット」はノースフェイスの中でも、個人的に1番オススメのダウンジャケット。

その理由は、「おしゃれ」「暖かい」だけではなくその「使い勝手」にあります。

実際の着用して感じたメリット・デメリットを紹介していきます!

気になる点!
  • 人気で入手が困難!
  • 着心地はそれほど良くない!
  • 首・フードまわりから風が侵入しやすい!

「マウンテンダウンジャケット」は、70デニールの厚手生地の「Gore-Tex」を採用しています。

「Gore-Tex」自体ゴワゴワしていて、あまり着心地が良くないです。

しかし、「悪い」という程ではなく実際に着ていると気になりませんし、厚手ということもあって安心感があります。

車の運転の時でも「動きにくさ」は感じません。

また、フードのドローコードがあるとは言え「バルトロライトジャケット」と比べると首まわりの防風・防寒性は低いかなと感じます。

逆に、首・フードまわりの隙間がメリットになる部分もあるのでそれについては後述します!

ここが良い!
  • ファッション性が高い!
  • 真冬にロンT1枚で過ごせる保温力!
  • 最強の防水性!
  • 屋内でも暑くなりすぎない!

「マウンテンダウンジャケット」の最大のメリットは、オシャレでカッコよくて暖かい!

この一言に尽きます。

しかし、おすすめNo.1ダウンジャケットの魅力はこれだけはありません。

街なか(タウンユース)の場合、屋外や屋内の出入りが多いと思います。そんな時、屋内だと暑すぎることはありませんか?※結局、脱いで手荷物になったり…

しかし、「マウンテンダウンジャケット」は首・フードまわりの隙間が多いので熱気が外に逃げやすいです。

フロントジップも一緒に開ければ、屋内でも暑すぎることなく快適に着続けられます。※サイズ設計もゆったりシルエットで隙間が多い

この他にも、どんな状況・環境下でもオールマイティに着れる使い勝手の良さがとても魅力なんです。

  • 吹雪や雨・・・Gore-Texが最強!
  • 極寒・・・天然ダウンが最強!
  • 屋内・・・手荷物にならない!
  • 車内・・・運転しやすい!

ノースフェイスマニア厳選のおすすめダウンジャケット10選はこちら!

「マウンテンダウンジャケット」と「バルトロライトジャケット」どっちがオススメか?

ここからは、人気の「マウンテンダウンジャケット」と「バルトロライトジャケット」の違いとどっちがオススメなのか解説します!

簡単に違いを表にまとめたのでご覧ください。

スクロールできます
シルエット保温力防水性着心地使い勝手耐劣化性

マウンテンダウン
ジャケット


ゆったり

バルトロライト
ジャケット


タイト
●比較表

スペックを比較!

表生地の違い

「マウンテンダウンジャケット」と「バルトロライトジャケット」に使用されている生地はそれぞれ次とおり。

マウンテンダウンジャケット:「Gore-Tex」

バルトロライトジャケット:「Gore-Tex Infinium」

Gore-TexとGore-Tex Infiniumの比較
●Gore-TexとGore-Tex Infiniumの比較

「Gore-Tex」の「マウンテンダウンジャケット」は、防水性が最強ですが着心地がそれほど良くないです。

「Gore-Tex Infinium」の「バルトロライトジャケット」は、防水性が高くないですが軽くて着心地が良いのが特徴です。

重さの比較!

  • マウンテンダウンジャケット・・1140g
  • バルトロライトジャケット・・・910g

※「バルトロライトジャケット」は、とても軽くて着心地が良いのですが、実際はタイトなフィット感のボリュームのあるシルエットなので動きやすくはないです。

中わた(ダウン)の違い!

マウンテンダウンジャケット:「天然ダウン」

バルトロライトジャケット:「光電子ダウン」

水鳥から採取した天然ダウンは、とても高品質で最高級の保温力を誇っています。

対して、「光電子ダウン」は化学繊維で人体からの遠赤外線を活用し優れた保温性能を発揮しますが、「天然ダウン」には劣ります。

したがって、単純なスペックだけでみれば「マウンテンダウンジャケット」の方が優れています。

※実際には、「バルトロライトジャケット」の方がダウン含有量が多くてタイトフィットかつ首・フードまわりの隙間が少ないので暖かく感じます。

簡単な保温力の違い!(真冬のインナーの違い)

  • マウンテンダウンジャケット:ロンT1枚レベル
  • バルトロライトジャケット:Tシャツ1枚レベル

実際の使用感の違い!

次に、実際の使用感(使い勝手)の違いを見ていきます。

着用場面・状況によって使い勝手が違うので参考にしてください。

スクロールできます
屋外活動吹雪や雨タウンユース車移動リュックを背負う

マウンテンダウン
ジャケット



バルトロライト
ジャケット


●着用環境・状況による比較表

「マウンテンダウンジャケット」は、どんな環境・状況下でもオールマイティに不便なく着れます。

「バルトロライトジャケット」は、防寒性が高く長時間の屋外活動(スポーツ観戦や観光など)に向いてます。

しかし、屋内外の出入りが多いタウンユースでは暑すぎるぐらいです。※タイトシルエットで熱が逃げにくい

生地は柔らかいのですが、モコモコシルエットで車の運転がしづらさも感じます。

また、リュックを背負う人も注意が必要。

「バルトロライトジャケット」は、30デニールの薄い生地でリュックによる擦れ(すれ)に弱いです。

対して、「マウンテンダウンジャケット」は肩部分が耐摩耗性の高いナイロン素材になっているのでリュックを背負っても生地の劣化を防げます。

実際に着用した結果、「マウンテンダウンジャケット」の方が圧倒的に使い勝手が良いです。

生地の劣化の違い!

「マウンテンダウンジャケット」と「バルトロライトジャケット」を実際に、3年間着用した結果「バルトロライトジャケット」の方が劣化します。

「Gore-Tex」の種類の違いもありますが、「バルトロライトジャケット」は生地が弱いため劣化しやすいです。

特に、ベルクロ部の劣化が目に見えてわかりやすいです。

対して、「マウンテンダウンジャケット」は「Gore-Tex」の70デニールの頑丈生地で劣化を感じる部分がありません。

3年着用の劣化具合!

  • マウンテンダウンジャケット:劣化なし
  • バルトロライトジャケット:劣化あり(特にベルクロ)

総合的に考えて「マウンテンダウンジャケット」の方がオススメ!

マウンテンダウンジャケット
●マウンテンダウンジャケット

「マウンテンダウンジャケット」と「バルトロライトジャケット」の両者は、ノースフェイスの中でもトップの人気を誇ります。

様々な比較をした結果、スペック・実際の使用感から私は「マウンテンダウンジャケット」の方をオススメします。

「マウンテンダウンジャケット」は、着用する環境・状況に関わらず不便なく使えるのがメリット。

対して、「バルトロライトジャケット」は、長時間の屋外活動・デザインが好みだという人にはオススメです。

「バルトロライトジャケット」のレビューやサイズ感についてはこちら!

まとめ!

「マウンテンダウンジャケット」は、「Gore-Tex」+「天然ダウン」の最高品質ダウンジャケット

暖かさとファッション性を兼ね備えており、ノースフェイスの中でもトップクラスの人気を誇ります。

日常の中でも使い勝手がよくて私個人的には、1番おすすめのダウンジャケットです。

サイズ感は、やや大きめな設計。

普段よりも1つ下のサイズを選ぶことをオススメします!

以上、「マウンテンダウンジャケット」レビューでした!

\ここをクリック!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次