MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

アークテリクス「ベータLTジャケット」のサイズ感などを徹底レビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、Arc’teryx(アークテリクス)の「ベータLTジャケット」を徹底レビューします。

  • 「ベータLTジャケット」の特徴を知りたい!
  • サイズ感が分からない!
  • 「ベータジャケット」との違いを知りたい!

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「ベータLTジャケット」のスペックを紹介!
  • 実際の写真付きでサイズ感を解説!
  • 使用用途・オススメな人を解説!
  • 「ベータジャケット」との違いをレビュー!

本記事を読むだけで、アークテリクス「ベータLTジャケット」の特徴・オススメな人・サイズ感など全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • Arc’teryxアイテムが好き!
  • 街着・登山でも使えるジャケットを探している!
  • オシャレ好き!

『ベータLTジャケット』は、街着はもちろん登山などのアウトドア場面でも使える万能ジャケットです。

「ベータLTジャケット」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容になってます。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

\ここをクリック!/

目次

アークテリクス『ベータLTジャケット』のスペック!

ベータLTジャケット
●ベータLTジャケット 出典:アークテリクス公式
ベータLTジャケット

価格:¥55,000 (税込)

素材:GORE-TEX 40d(3層)トリコットバッカーテクノロジー

サイズ:XS〜XXL

重さ:395g

計算されたシンプルなデザインが最大限の汎用性を発揮するベータ LT。山のアクティビティに必須の機能性をしっかり網羅したアイテムです。bluesign® 認証を獲得し、優れた軽量性と耐久性が自慢の3L ゴアテックス生地により、あらゆる種類のアクティビティで、防水性、防風性、透湿性による保護性能を発揮します。ヘルメット対応のストームフード™ が、視界を遮ることなく、抜群のカバー力を実現。アイテムを簡単に出し入れできるハンドポケットはウォータータイト™ ジッパーにより安全な収納が可能です。また、ピットジップがスピーディな通気を実現し、実用的な立体構造による動きやすさも魅力です。

アークテリクス公式
遊パパ

基本的には、登山などアクティブシーンでの使用を目的としたジャケット!

アークテリクス「ベータLTジャケット」のディティール!

まずは全体像から見ていきましょう!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面
遊パパ

アークテリクスらしい洗練されたシンプルなデザイン!

次に細かいディティールを見ていきます!

首元
●首元
止水ジップを採用
●止水ジップを採用

ジップには止水ジップを採用!水の侵入をブロック。

ロゴは刺繍
●アークテリクスのロゴ
遊パパ

アークテリクスのロゴは刺繍。細部まで質感が高いです!

●両サイドのポケット
ポケットには止水ジップを採用
●止水ジップを採用

正面両サイドのポケットにも止水ジップを採用!

脇下のベンチレーション機能
●脇下のベンチレーション

「ベータLTジャケット」には、脇下にベンチレーション機能が装備。

熱がこもって暑い時は、ベンチレーションを開ければ通気性がアップ!

腕にはGore-Texのロゴマーク
●Gore-Texのロゴ!

左腕にはGore-Texを採用している証のロゴマークが刺繍!

ベータLTジャケットの裏面
●ベータLTジャケットの裏面
シームレス加工
●シームレス加工

裏地の生地の縫い目は、シームレス加工が施されており完璧な防水性を実現!

裾のドローコード
●裾のドローコード
袖のベルクロ
●袖のベルクロ
遊パパ

基本的な防風・防水性能は全て装備されています!

アークテリクス「ベータLTジャケット」の特徴!

洗練されたシンプルなデザイン!

ベータLTジャケット
●ベータLTジャケット

アークテリクスと言えば、一目見ただけでアークテリクスだと分かるこのデザイン力。

私も含め、アークテリクス好きにはたまらないシンプルで洗練されたスタイリッシュなデザインは本当にカッコいいです。。

男心をくすぐる納得のデザインは、ぜひ1着は持っておきたいですね!

遊パパ

機能うんぬんの前にファッションとしてのカッコ良さは非常に大事!

最強素材「Gore-Tex」を採用!

Gore-Texを採用
●Gore-Texを採用

「ベータLTジャケット」は、最強防水素材の「Gore-Tex」を採用しています。

「Gore-Tex」は、完全防水・防風・透湿性に加えて耐久性の高いハイスペック素材!

その防水性は、耐水圧40,000mm以上を実現し、あらゆる環境下でも対応できる性能を誇っています。

耐水圧とは?

  • 300mm・・・小雨に耐えられる
  • 2,000mm・・・中雨に耐えられる
  • 10,000mm・・・大雨に耐えられる
  • 20,000mm・・・嵐に耐えらえれる
Gore-Texの防水性は完璧
●防水性はピカイチ!

「ベータLTジャケット」を着用していれば、登山中にどんな豪雨に見舞われても濡れることは絶対にありません。

シームレス加工や止水ジップのおかけで生地の縫い目やポケットからも雨水の侵入を一切ブロックしてくれます!

生地が破けない限りは、5年・10年経とうが永続的に防水性は保たれるのも特徴。

詳しくは「Gore-Texとは?」の別記事を参照ください!

登山などのアウトドアを意識した機能が装備!

ヘルメット対応の大きめなフード
●ヘルメット対応の大きめなフード

「ベータLTジャケット」は、山登りなどのアウトドア場面での使用を想定した機能が装備されています。

特に、フードは山岳地帯ではかかせないヘルメットを装着した上からも被れるように大きめな設計。

アウトドア場面では、汗による蒸れが生じやすいですが脇下のベンチレーションを使えば快適に着続けることが可能。

ジップを締めると首元が高めの設計
●首元

ジップを締めると口元が隠れる程度にやや高め。

首元からの風の侵入を抑えてくれて防風・防寒性を高めてくれています!

アウトドア場面に快適な機能!

  • ヘルメット対応のフード設計
  • 脇下のベンチレーション機能
  • 防風・防寒対策の高めな首元設計

「ベータLTジャケット」のサイズ感・サイズ選びのポイント!

Mサイズを着用したサイズ感
●前開き Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感
●前閉じ Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感
●側面 Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感
●後面 Mサイズ着用

身長170㎝,体重70kgのややガッチリ体型でMサイズを着用。

インナーにはロンTを着ていてややゆとりのあるサイズ感です。

厚手のスウェットやパーカーを着込める程度の余裕はあります。

アークテリクス全般に言えることですが、「ベータLTジャケット」はやや大きめなサイズ設計。

サイズ選びは、普段の1サイズ下のサイズを選ぶことをオススメします。

登山などアウトドアでは、インナーで暑さを調整するので余裕を持ったサイズ選びがいいかもしれません!

サイズ選びのポイント!

  • 「ベータLTジャケット」はやや大きめなサイズ設計!
  • サイズ選びは普段の1サイズ下を選ぶ方が無難!

\ここをクリック!/

「ベータLTジャケット」のメリット・デメリット!

気になる点!
  • 街着・タウンユースにはフードが少し大きい!

あえてデメリットを挙げるならば、この1点。

登山でのヘルメット装着を想定したフードの大きさは、街着・タウンユースがメインの方には少し気になるポイント。

人によっては邪魔に感じることもあるかもしれません。

ですが、普段はあまりフードを被ることはありませんし、ドローコードでも絞れるので大きなデメリットにはならないかなと思います。

ここが良い!
  • カッコいいデザイン
  • 最強の防水力!
  • 街着・アウトドア両方で使える!

「アークテリクス」全般に言えることですが、とにかくシンプルなカッコいいデザインに惚れたという方は少なくないはず。

私もその1人です。

「Gore-Tex」を採用した最強の防水性は、この先何年も機能を維持できる耐久性も兼ね備えており、一度手に入れてしまえば買い足す必要もありません。

ヘルメットにも対応するフード設計や脇下のベンチレーションは、街着だけでなく登山などのアウトドアでも使える万能なシェルジャケットです!

\ここをクリック!/

「ベータLTジャケット」の使用用途・オススメな人!

着用時期の目安
4月
7月
10月
1月
4月
使用用途
街着向け
どっちもオススメ
1
アウトドア向け

「ベータLTジャケット」は、軽量シェルジャケットで着用時期は春・秋あたりがメインになってくると思います。

真冬の着用は、住んでいる地域にもよりますがインナーにダウンなど着込めば着れないこともありません。

インナーダウンには、アークテリクスの「アトムLT」を合わせればかなり防寒性が高くなりますよ!

着用用途に関しては、デザイン・ファッション性の高さから街着でもスタイリッシュに着こなせます。

フードやベンチレーション機能が備わっており、登山などアウトドアでの着用にも優れていてまさに万能ジャケット。

オススメな人!

  • Arc’teryxアイテムが好き!
  • 街着・登山でも使えるジャケットを探している!
  • オシャレ好き!

「Arc’teryx好き」の方には、言わずもがなオススメできます。

その中でも街着・タウンユースだけでなく登山をする機会がある方には最もオススメの本格派マウンテンパーカーです。

登山だけでなくヘルメットを着用する機会があるサイクリングなどでも非常に便利になってくると思います。

人気アイテムのため早期の売り切れが予想されます。ご購入の方は早めの検討を!

\ここをクリック!/

アークテリクス「ベータジャケット(旧ゼータSLジャケット)」との違いを比較!

●ベータジャケット

アークテリクスには、名前が非常に似ているジャケットが多く存在します。

その中でも、人気の「ベータシリーズ」から「ベータジャケット(旧ゼータSLジャケット)との違いを比較してみます。

「ベータLTジャケット」と「ベータジャケット」の大きな違いは以下の通り。

  • 生地の厚さ
  • Gore-Texの種類
  • ベンチレーションの有無
  • フードの大きさ
  • 止水ジップの種類
  • 値段

生地の厚さ!

「ベータLTジャケット」は40デニールに対して「ベータジャケット」の方は30デニール。

「ベータLTジャケット」の方が10デニール厚く、より冬にも対応できるのかなと思います。

遊パパ

実際に着てみるとそこまでの差は感じません!

Gore-Texの種類の違い!

「ベータLTジャケット」は、定番のGore-Texトリコットバッカーを採用。

対して、「ベータジャケット」は着心地に特化した「Gore-Tex C-knitバッカー」を採用しています。

どちらも高性能なGore-Texに変わりありませんが、「ベータジャケット」の方がしなやかで着心地がとても良いです。

●ベータLTジャケットの裏地
●ベータジャケットの裏地

見た目では、あまり違いが分かりませんが実際に着てみると「C-knitバッカー」のしなやかさ・着心地には驚きます。

快適性を求めるなら間違いなく「ベータジャケット」の方です。

ベンチレーション・フードの大きさの違い!

「ベータLTジャケット」は、アウトドアでの着用を想定しヘルメット対応の大きめのフードや蒸れに強いベンチレーションの機能があります。

「ベータジャケット」も、アウトドアでの着用を想定してはいますが通常のフードサイズでベンチレーション機能もありません。

アウトドア場面に強いのは、「ベータLTジャケット」の方です。

フードの大きさの違い。ベータLTジャケットの方が大きい
●フードの大きさの違い!

止水ジップの種類の違い!

通常の止水ジップ
●通常の止水ジップ
開け閉めしやすい止水ジップ
●開け閉めがしやすい止水ジップ

「ベータLTジャケット」の止水ジップには、一般的に採用されている開け閉めがやや硬めの止水ジップ。

対して「ベータジャケット」の方は、開け閉めが非常に軽い質感の止水ジップが採用されています。

「ベータジャケット」の方が、開け閉めがとても楽で使い勝手が良いです!

スクロールできます
ベータLTジャケットベータジャケット
生地の厚さ40デニール30デニール
Gore-Texの種類トリコットバッカーC-knitバッカー
ベンチレーションありなし
フードの大きさヘルメット対応ヘルメット非対応
止水ジップの硬さやや硬い柔らかい
価格税込55,000円税込49,500円
●違いまとめ

こうやってみると、「ベータLTジャケット」は街着だけでなくアウトドア場面にも最適なジャケット。

「ベータジャケット」の方は、街着・タウンユース中心の使い方が適してますね。

「ベータジャケット」についてはこちらの記事から!

  • 街着・アウトドアで使いたい人→「ベータLTジャケット」
  • 登山はしない。街着・タウンユースで使いたい人→「ベータジャケット」

\ここをクリック!/

まとめ!

アークテリクスの「ベータLTジャケット」は、街着・アウトドアで使える万能ジャケット。

男心を魅了する洗練されたスタイリッシュなデザインは着る人の満足感も満たしてくれます。

Gore-Texを採用した最強生地は、どんな環境下でも最高のパフォーマンスを発揮します。

ぜひ、1着は持っておきたいジャケットです。

人気アイテムのため早期の売り切れが予想されます。ご購入の方は早めの検討を!

\ここをクリック!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次