MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・マウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・Arc'teryxやPatagoniaなども多数所有!

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用感(メリットなど)を正直レビュー!
●月間17万PV レビュー依頼受付中。
\ Amazonの初売りセール開催中! /

ノースフェイス「クライムライトジップパンツ」のサイズ感や使用感(メリットなど)をレビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「クライムライトジップパンツ」を徹底レビューします。

「クライムライトジップパンツ」は、「Gore-Tex」を採用した完全防水パンツ

その魅力を深掘りしていきます。

  • 「クライムライトジップパンツ」の特徴は?
  • 実際のサイズ感を知りたい!
  • 実際の使用感(メリットなど)を知りたい!

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「クライムライトジップパンツ」の特徴を解説!
  • 実際のサイズ感を写真付きで紹介!
  • 実際の使用感(メリット・デメリット)をレビュー!

本記事を読むだけで、「クライムライトジップパンツ」の特徴からサイズ感、使用感まで全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • 完全防水でパンツ内が一切に濡れない!
  • スキーやスノーボードにも使える!
  • レイン・スノーブーツの上からでも履ける!

「クライムライトジップパンツ」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容です。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んで下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス「クライムライトジップパンツ」のスペック!

●クライムライトジップパンツ 出典:goldwin公式
クライムライトジップパンツ

価格:¥19,800(税込)

素材:20D Recycled Nylon GORE-TEX Micro Grid Backer(3層)(表側:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏側:ナイロン100%)

サイズ:S、M、L、XL、TS、TM、BM、BL

重さ:約245g(Lサイズ)

GORE-TEX PRODUCTS 3層素材を採用した軽量な防水レインパンツがエコ素材にリニューアル。表地はリサイクルナイロン、裏地は引っかかりが少なく湿気を含みにくいマイクログリッドバッカーで、透湿性や軽さと強度のバランスを追求しています。ゆとりのある臀部と腿部分からテーパード状に仕上げた膝下パターンで、もたつきが少なく、脚上げも快適。裾にファスナーを配置し、靴を履いたままでの着脱も簡単です。携行に便利なスタッフサック付きです。

goldwin公式
遊パパ

雨の日に嬉しい防水パンツです!

ノースフェイス「クライムライトジップパンツ」のディティール!

まずは、全体像から見ていきましょう!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面

次に細かいディティールを見ていきましょう!

ウエストはゴム仕様
●ウエストはゴム仕様
ベルトレスの紐で結ぶタイプのウエスト
●ベルトレスの紐で結ぶタイプ

ゴムと紐でウエストを調整。ベルトレスでラク!

遊パパ

チャックは、ジップとマジックテープで防水性も高い!

ウエスト右側のGore-Texのロゴ
●ウエスト右側のGore-Texのロゴ
左もものノースフェイスのロゴ
●左もものノースフェイスのロゴ

ロゴは全てプリント!

内側はシームレス加工
●内側はシームレス加工

パンツ内側は、シームレス加工が施されていて防水性を向上!

裾はボタンとチャックで広げられる
●裾はボタンとチャックで広げられる
ブーツの上からでも履ける
●ブーツの上からでも履ける

裾を広げればレイン・スノーブーツの上からでも履ける!

裾のドローコード
●裾のドローコード

裾のドローコードを絞れば、隙間を減らして防風・防水性◎。裾もダボつかずスマートに履けます!

「クライムライトジップパンツ」の特徴!

ここからは、「クライムライトジップパンツ」の特徴を解説していきます。

特徴① 「Gore-Tex」を採用した完全防水パンツ!

Gore-Texを採用
●Gore-Texを採用!

「クライムライトジップパンツ」には、完全防水の「Gore-Tex」が採用されています。

「Gore-Tex」は、完全防水・防風・透湿性を有するハイスペックな生地です。

どんなに雨風が強かろうが、パンツ内が濡れたり風が侵入することは絶対にないです。

「Gore-Tex」の防水性は、耐水圧20,000mm以上と言われており、悪天候なアウトドア場面でも余裕で耐えられます。

耐水圧とは?

  • 300mm・・・小雨に耐えられる
  • 2,000mm・・・中雨に耐えられる
  • 10,000mm・・・大雨に耐えられる
  • 20,000mm・・・嵐に耐えられる
完璧な防水性
●防水性も完璧!

「クライムライトジップパンツ」は、レインパンツとしてかなり使えます!

実際私は、仕事への自転車通勤の時に雨が降っていれば「クライムライトジップパンツ」を履いてます。

職場に着いても、パンツ内は一切濡れていません!

特徴② 「マイクログリッドバッカー」採用の裏地で摩擦に強い!

裏地はマイクログリッドバッカーを採用
●裏地はマイクログリッドバッカーを採用

「クライムライトジップパンツ」の裏地には、特許取得「Micro Grid Backer(マイクログリッドバッカー)」を採用。

「マイクログリッドバッカー」の最大の特徴は、強度・耐摩耗性に優れている点です。

安価なレインパンツなどでは、歩いたりする摩擦で裏地が劣化・剥がれが生じることがあります。

実際に剥がれてしまったレインウェア
●実際に裏地が剥がれてしまったレインウェア

しかし、「クライムライトジップパンツ」であれば裏地の強度が高いので、劣化・剥がれることなく長期的に履けます!

「Gore-Tex」は特性上、半永続的に防水性が保たれるのでしっかり雨を弾いてくれて尚且つ、生地自体も劣化しない。

「Gore-Tex」と「マイクログリッドバッカー」の組み合わせは、長期的に着るには最高です。

一度購入すれば、買い直す必要がないのでコスパにも優れています!

特徴③ 裾を広げてブーツの上から履ける!

裾を広げられる
●裾を広げられる

「クライムライトジップパンツ」の裾は、チャックで広げられる仕様。

レインブーツやスノーブーツを履く時でも、裾を広げればラクにブーツを履けます。

防水性も高いのでスキーやスノーボードなどのウインタースポーツでも活躍してくれます。

「クライムライトジップパンツ」の下に、暖かいスウェットやヒートテックを履けば風を一切通さず保温力も高い!

特徴④ コンパクトに収納が可能!

コンパクトに収納できる
●コンパクトに収納できる

「クライムライトジップパンツ」は、付属のスタッフサックにコンパクト丸めて収納できます。

梅雨時期には、収納し持ち運ぶことで突然の雨でも安心。

私も自転車通勤の時にカバンに入れていて、退勤時の雨に役立った経験があります。

遊パパ

「レインウェア+持ち運び可能」の組み合わせは最高です!

ノースフェイス「クライムライトジップパンツ」のサイズ感!

Mサイズを着用した場合のサイズ感
●正面 Mサイズ着用
Mサイズを着用した場合のサイズ感
●側面 Mサイズ着用
Mサイズを着用した場合のサイズ感
●後面 Mサイズ着用

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型でMサイズを着用。

ガッチリ体型でも下半身に関しては、そこまでガッチリしておらず標準的な体型です。

サイズ感は、「クライムライトジップパンツ」の下にデニムを着用していてジャストサイズです。

裾丈がやや長めですが、ドローコードで絞れば全く問題ありません

「クライムライトジップパンツ」は、ズボンの上から履く仕様なのでやや大きめなサイズ設計です。

下着の上から直接履く場合には、1つサイズを落としてもいいかもしれません。

サイズ感の口コミ!

スクロールできます
1人目2人目
身長173㎝165㎝
体重72㎏61㎏
サイズ 備考M ジャストS ジャスト
L 少し大きいM 大きい
普段のサイズLサイズSかMサイズ
●サイズの口コミ!

「クライムライトジップパンツ」の実際の使用感(メリット・デメリット)!

ここからは、「クライムライトジップパンツ」の実際の使用感(メリット・デメリット)をレビューしていきます。

気になる点!
  • ポケットがない!
  • 街着・普段使いに向いてない!

「クライムライトジップパンツ」には、致命的なデメリットがあります。

それは、ポケットがないことです。

レインパンツとして一時的に履くことを想定しているためか、ポケットは不要と考えているのでしょう。

しかし、実際には自転車通勤の時も携帯電話をポケットにしまいたいのにしまえない。

泣く泣く下のズボンのポケットやバッグの中にしまってます。

正直、ポケットだけは付けて欲しかったなと思います。※ポケットを失くすことで防水性も高められるのでしょうがない。

また、レインパンツとして作られているのでシャカシャカ感が強く、街着や普段使いには向いてないでしょう。

レインパンツやスキーやスノボウェアとしての着用を考えている人には、とてもオススメのパンツです。

クライムライトジップパンツにはポケットがない
●クライムライトジップパンツにはポケットがない
ここが良い!
  • 完全防水でパンツ内が一切濡れない!
  • スキーやスノーボードにも使える!
  • レイン・スノーブーツの上からでも履ける!

「クライムライトジップパンツ」の最大の特徴でもある、「Gore-Tex」はどんな悪天候でも雨風から守ってくれます。

コンパクトに収納し持ち運べるので、突然の雨でもバッグから取り出してサッと履けます。

仕事で徒歩や自転車通勤をしている方には、とてもオススメです。

出勤時は快晴でも、退勤時には雨が降っていることもありますよね。※この逆もあります。

「クライムライトジップパンツ」を携帯しておけば、どちらかで雨が降っていても安心。

どちらも雨が降っていなかったとしても、コンパクトなので荷物の邪魔にもなりません。

私の場合は、「クライムライトジャケット」と上下セットで携帯しているので自転車通勤も常に快適です。

クライムライトジャケット」についてはこちらから!

ゴツいブーツを履く場合でも、裾のジップを広げればブーツの着脱もラクに可能

ブーツにも対応しているので、スキーやスノーボードなどのスキーウェアとしても優秀です。

「Gore-Tex」と裏地の「マイクログリッドバッカー」は、耐久性がとても高いので一度購入すれば買い直す必要がないコスパの良さも魅力の1つです。

遊パパ

「クライムライトジップパンツ」と「クライムライトジャケット」で快適な通勤ライフを!

ノースフェイスのおすすめパンツ11選!」はこちら!

まとめ!

「クライムライトジップパンツ」は、「Gore-Tex」を採用した完全防水パンツ

裏地の「マイクログリッドバッカー」と合わせて耐久性がとても高いのが魅力的。

レインパンツとして、徒歩や自転車通勤をしている方にはとてもオススメのパンツ。

持ち運び可能で、荷物にならず常に携帯しておけば突然の雨でも快適な通勤ライフを送れます

ズボンの上から履くことを想定しているので、サイズ感は少し大きめです。

下着パンツの上から直接履くのか着用方法によって、普段通りか1つ下のサイズを購入するか選びましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次