MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

ノースフェイス「デナリフーディ」のサイズ感や使用感(メリット・デメリット)を徹底レビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「デナリフーディ」を徹底レビュー!

「デナリフーディ」は、発売から30年経過する現在も愛され続けている「デナリジャケット」のフード付きモデル!

その、魅力を深掘りしていきましょう!

  • 「デナリフーディ」の特徴は?
  • サイズ感が知りたい!
  • 実際の使用感(メリット・デメリット)は?
  • 「デナリジャケット」とどっちがおすすめ?

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • 「デナリフーディ」の特徴を解説!
  • 実際のサイズ感を写真付きで紹介!
  • 実際の使用感(メリット・デメリット)をレビュー!
  • 「デナリジャケット」との違いを解説!

本記事を読むだけで、「デナリフーディ」の特徴やサイズ感・メリットまで全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • 保温力が高い!
  • オシャレな着こなしが可能!
  • 肩・肘は摩耗に強い!

「デナリフーディ」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容です。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んで下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス「デナリフーディ」のスペック!

デナリフーディ
●デナリフーディ
デナリフーディ

価格:¥24,200(税込)

素材:<本体> Versa Micro ECO 300 <中わた> PRIMALOFT(プリマロフト) BLACK Insulation ECO

サイズ:S〜XL

1989年、エクスペディション向けに開発した、THE NORTH FACEのヘリテージモデルであるデナリジャケットのフード付きモデル。ペットボトルを原料としたリサイクルマイクロフリース素材は柔らかな着心地。デッドエアを効果的にため込み、裾のドローコードを絞ることでさらに気密性を高めることができます。アウターとしての使用も想定して、フードと肩部分にはプリマロフト(R)を封入し、頭部や首周りからの体温の放出を抑えます。パックに干渉する肩はリサイクル可能なナイロン布帛で補強。静電気の発生を抑える静電ケア設計を採用しています。

goldwin公式
遊パパ

「ヘリテージ」とは日本語で「遺産」を意味。歴代の優れたデザインのアイテムを復活・復刻したモデル。

ノースフェイス「デナリフーディ」のディティール!

まずは全体像から見ていきましょう!

全体像 正面
●全体像 正面
全体像 後面
●全体像 後面
遊パパ

ノースフェイス特有の切り返しデザイン!

次に、細かいディティールを見ていきます。

首元
●首元
ロゴは刺繍
●ロゴは刺繍

ロゴは刺繍で質感よし!

左腕のボックスロゴ
●左腕のボックスロゴ
遊パパ

個人的には、このボックスロゴがお気に入り!

両側のジップ付きポケット
●両側のジップ付きポケット
左胸のポケット
●左胸のポケット
●右胸のポケット

ポケットは充実!胸ポケットには携帯を入れるのに便利!

袖のリブ
●袖のリブ
裾のドローコード
●裾のドローコード

「デナリフーディ」の特徴!

ここからは「デナリフーディ」の特徴を紹介します!

特徴① ストリート風なオシャレデザイン!

「デナリフーディ」は、肩と肘のナイロン素材による切り返しのデザインが特徴的。

「ダサい」という意見もありますが、個人的にはこのデザインは好きです。

1枚で羽織れば、ストリートテイストに着こなせるのでオシャレ好きにはたまらん1着。

「デナリジャケット」と違いフードがあるのでカジュアルにも着こなせます。

特徴② 高い保温力!

マイクロフリース素材
●マイクロフリース素材
フリース素材がびっしり
●フリース素材がびっしり

「デナリフーディ」は、厚手のマイクロフリースを採用しています。

このマイクロフリースは肌触りも抜群で、肉厚生地のため保温力もかなり高いです。

裏地にも、びっしりとフリース素材が並んでおり肌触り・保温力ともに一級品。

フードと肩部分にプリマロフトを封入!

「デナリフーディ」の肩とフードのナイロン部分には「プリマロフト」が封入されています。

「プリマロフト」は、化繊綿(わた)のことで全メーカーの中でも最も軽量で保温力に優れた素材。

そんな「プリマロフト」を「デナリフーディ」では、肩とフードに使われているので顔・肩周りの保温効果が高いです!

遊パパ

屋内では汗ばむぐらい暖かいです!

特徴③ 毛玉ができにくい!

肩と肘のナイロン素材
●肩と肘のナイロン素材

フリースの弱点は、摩擦による毛玉です。

しかし、「デナリフーディ」は肩と肘に毛玉ができにくい工夫としてナイロン素材が採用されています。

リュックでよく擦れる肩や、肘をテーブルにつく部分がナイロン素材で覆われているので毛玉ができにくいです。

このナイロン素材は、ノースフェイス独自の「ノーステッククロス」という素材が採用。

「ノーステッククロス」は、耐久性・ストレッチ性・撥水性に優れた高性能ナイロンです。

遊パパ

ガシガシ着ても耐久性が高いので長期間で使えます!

「デナリフーディ」のサイズ感・サイズ選びのポイント!

Lサイズを着用した場合のサイズ感
●前開き Lサイズ着用
Lサイズを着用した場合のサイズ感
●前閉じ Lサイズ着用
Lサイズを着用した場合のサイズ感
●側面 Lサイズ着用
Lサイズを着用した場合のサイズ感
●後面 Lサイズ着用

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型でLサイズを着用。

インナーには、Tシャツを着ていてジャストなサイズ感です。

厚手のインナーを着込むには少し厳しいかなといったところ。

「デナリフーディ」は、やや小さめなサイズ設計。※ノースフェイスのジャケットは、Lサイズでゆったり着ることが多い。

厚手のインナーを合わせたい、オーバーサイズで着こなしたい場合は、普段より1つ上のサイズを選ぶことをオススメします!

※フリースは洗濯によって縮みやすいのであらかじめ大きめのサイズを選ぶ方がいいです。

遊パパ

個人的には、XLサイズでオーバーサイズに着こなすのもあり!

サイズ選びのポイント!

  • 「デナリジャケット」は、やや小さめなサイズ設計!
  • 普段通りのサイズであればジャストに着こなせる!
  • 普段より1つ上のサイズであればオーバーサイズに着こなせる!
  • フリースは洗濯によって縮みやすいので注意!

サイズ感の口コミ!

サイズ感の口コミを集めましたの参考にしてください!

スクロールできます
1人目2人目3人目
身長169㎝180㎝178㎝
体重65㎏68㎏68㎏
サイズ 備考M 少し小さいL 少し小さいL 少し小さい
L ジャストXL ジャストXL ジャスト
●サイズの口コミ!

「デナリフーディ」の実際の使用感(メリット・デメリット)!

気になる点!
  • 毛抜けが目立つ
  • フリース部は毛玉ができやすい
  • 防風性がない

1番のデメリットでレビューでも多いのが毛抜け問題。

確かに、毛抜けは多い方だと思いますが、コロコロすれば問題なし。

フリース素材の毛玉のできやすさも気になるところ。

しかし、毛玉は洗濯方法で劇的に防げるので次のとおり参考にしてください!

「デナリジャケット」の洗濯方法

  1. ジャケットを裏返す
  2. 洗濯ネットに入れる
  3. 普通に洗濯

「デナリフーディ」は、防風性が全くありません。

風が強い日なんかは、冷たい風がジャケット内に侵入してくるのが分かります。

風が強い日の着用はあまりオススメしません。

ここが良い!
  • 保温力が高い!
  • オシャレな着こなしが可能!
  • 肩・肘は摩耗に強い!

「デナリフーディ」は、厚手のマイクロフリース素材を採用していて1着でとても暖かいです。

肩やフードの雪が積もりやすい部分には、化繊綿(かせんわた)が詰め込まれていて保温力は文句なし。

フリースとナイロン素材によるデザインは、ストリートテイストでオシャレに着こなせます。

暖かくてオシャレなフリースは、「デナリフーディ」で間違いありません。

リュックや肘をテーブルにつくことで摩耗しやすい部分にはナイロン素材を採用していて耐久性も抜群。

洗濯方法を工夫することで長く着ることができます。

暖かくて・カッコいい、しかも長く着れる。

そんな魅力の「デナリフーディ」はとてもオススメの1着です!

遊パパ

洗濯方法の工夫もあって毛玉は一切できてません!

薄手のフリースジャケットには、「マウンテンバーサマイクロジャケット」がおすすめ!

\ここをクリック!/

ノースフェイス「デナリジャケット」との違いをレビュー!

左:デナリジャケット 右:デナリフーディ
●左:デナリジャケット 右:デナリフーディ

「デナリフーディ」のフードがないブルゾンタイプの「デナリジャケット」との違いは以下の通り。

  • 保温力
  • コーディネートの幅
  • 着用時期の幅

保温力の違い!

フリース自体の保温力には違いはありませんが、「デナリフーディ」には肩とフード部分に「プリマロフト」が詰められています。

「デナリジャケット」には、 「プリマロフト」が入ってないのでフードと肩部分の保温力は劣ります。

保温力を求める方には、「デナリフーディ」の方がオススメです!

コーディネートの幅!

「デナリフーディ」は、フードがあるためインナーとしての使い勝手が微妙なところ。

しかし、「デナリジャケット」はブルゾンのようにアウターとしても着こなせますし、インナーとしての使い勝手の幅が広いです。

コーディネートのしやすさで言えば、「デナリジャケット」の方が優秀

着用時期の幅!

「デナリフーディ」はアウターとしての着用が現実的ですが、防風性がないので真冬の着用は正直厳しいと思います。

しかし、「デナリジャケット」はインナーとして着用しても使えるので真冬でも着られる息の長いジャケットです!

1年を通して、長い期間使えるのは「デナリジャケット」!

「デナリジャケット」の使用感・サイズ感はこちら!

まとめ!

THE NORTH FACEの「デナリフーディ」は、保温力とファッション性を兼ね備えたフリースジャケット。

発売から30年経過する現在でも人気の高い理由もわかります。

洗濯方法を工夫するだけで、毛玉ができにくく耐久性も高いので気にせずガシガシ着れます!

実際に、購入から5年経過する今でも問題なくガンガン着ています。

フリース選びに困っている方は、魅力たっぷりの「デナリフーディ」がとてもオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次