MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

「ジップインマグネシステム」対応モデル全6選!互換性やジップインジップとの違いをレビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)のジップインマグネシステムの解説と対応モデルを紹介します!

  • ジップインマグネシステムとは?
  • 旧システム「ジップインジップ」との違いは?
  • 対応モデルをアウター・インナー別に知りたい!

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • ジップインマグネシステムの概要・付け方を解説!
  • 対応するジャケットをアウター・インナー別に紹介!

本記事を読むだけで、「ジップインマグネシステム」の全てが分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

「ジップインマグネシステム」は、対応するアウターとインナーをジップで連結することで1着として着用できるシステム。

旧システムの、「ジップインジップ」に比べると少し手間だった連結がマグネットとなってかなり楽になりました!

「ジップインマグネシステムとは?」「対応モデルのジャケット」を知りたい方には必見の内容です。

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス「ジップインマグネシステム」とは?

左:アコンカグアジャケット 右:ファイヤーフライマウンテンパーカー
●左:アコンカグアジャケット 右:ファイヤーフライマウンテンパーカー

ZIP IN ZIP MAGNE(ジップインマグネシステム)は、ノースフェイス独自開発システムです。

対応のアウターとインナーをジップで連結させ1着として着回せる機能。

1度連結してしまえば、冬でも重ね着をする必要がないのでとても使い勝手がよくて便利です。

旧システムの「ジップインジップシステム」から使い勝手に磨きをかけた最新システム!

デメリット・メリットは以下の通りです!

デメリット
メリット
  • ジップインマグネ対応のジャケット同士でなければ連結できない
  • 対応モデルが少ない
  • ジップインジップに比べて連結が楽!
  • 1度連結すればずっと使える
  • アウターの着れる時期が広がる
  • 重ね着をしなくてもいい

旧システムの「ジップインジップ」では、袖と襟元の連結がボタンで留めなくてはいけないので、使い勝手が少し面倒でした。

しかし、「ジップインマグネシステム」では、磁石(マグネット)を用いた連結方法でとても楽になりました!

遊パパ

展開されてから年数が浅いので対応モデルが少ないですが、今後ノースフェイスの新勢力として主流となってくると思われます!

「ジップインジップシステム」の解説・対応モデルについては下記事から!

互換性は?「ジップインジップ」と「ジップインマグネ」の違い!

旧システムの「ジップインジップ」では、インナーとアウターの連結が少し面倒でした。

そこで、連結のしやすさを向上させた「ジップインマグネシステム」が展開されました!

違いを見ていきましょう!

ジップ規格の違い!

\ジップインジップ/

VISLON YKK 5VSH
●VISLON YKK 5VSH

\ジップインマグネ/

VISLON YKK 3VS
●VISLON YKK 3VS

「ジップインジップ」のジップ規格は、「VISLON YKK 5VSH」に対して「ジップインマグネ」は、「VISLON YKK 3VS」。

「ジップインジップ」と「ジップインマグネ」のジップ規格が違うので、互いに互換性がないので注意が必要です。

つまり、ジップインジップのアウターとジップインマグネのインナーは連結が不可!

注意点

  • ジップインジップとジップインマグネは互換性がない!
  • ジップ規格が違うので連結が不可!

ジップの連結方法は同じ!

「ジップインジップ」も「ジップインマグネ」もセンタージップの連結方法は同じです!

ジップインジップシステム
●ジップインジップシステム
ジップインマグネシステム
●ジップインマグネシステム

袖の連結方法の違い!

袖の連結方法は、「ジップインジップ」と「ジップインマグネ」で違います。

「ジップインジップ」では、ボタンとルーフで留める方法でしたが、「ジップインマグネ」ではスライド式の連結方法でとても簡単になりました!

●ジップインジップ
ジップインジップ
●ジップインジップ
ジップインマグネ
●ジップインマグネ
ジップインマグネ
●ジップインマグネ

襟元の連結方法の違い!

「ジップインマグネシステム」の代名詞でもあるマグネットを採用した連結方法です。

襟元には、柔らかい素材のマグネットが挿入されています。

襟元のマグネットが入っている
●襟元にマグネットが入っている

「ジップインジップシステム」では、袖と同じようにボタンで留めるタイプであるのに対して「ジップインマグネ」では、マグネットで連結が可能。

マグネットなので、近づくと勝手に連結してくれるので取り付けがとても楽になりました!

ジップインジップ
●ジップインジップ
ジップインジップ
●ジップインジップ
ジップインマグネ
●ジップインマグネ 磁石で連結
ジップインマグネ
●ジップインマグネ 磁石で連結

「ジップインマグネ」対応モデル アウター3選!

ここからは、「ジップインマグネ」に対応するアウター3選を紹介します。

キャンプの味方「ジップインマグネファイヤーフライマウンテンパーカー!」

ファイヤーフライマウンテンパーカー
●ファイヤーフライマウンテンパーカー

「ファイヤーフライマウンテンパーカー」は、難燃素材を採用した燃えにくいジャケット。

春・秋などの肌寒い時期のキャンプにはアウターが必須。

しかし、ナイロン素材のアウターでは焚き火による火の粉が着火し簡単に穴が空いてしまいます。

そんな、心配を払拭してくれるのが「ファイヤーフライマウンテンパーカー」。

「ファイヤーフライマウンテンパーカー」は、燃えにくい特殊は素材を採用しておりキャンプには必須の焚き火シーンにおいても安心して没頭できます!

個別記事はこちらから!

Gore-Texを採用!「ジップインマグネボールドフーデットコート」

ボールドフーデットコート
●ボールドフーデットコート

「ボールドフーデットコート」は、「Gore-Tex」を採用した本格派レインコート。

背中と脇下には、通気性を確保するベンチレーション機能を有しておりムレやすい梅雨時期にも快適に着こなせます!

ビジネスシーンにも使いやすいシンプルなデザインで、ジップインマグネを用いれば1年中使えるコートです。

遊パパ

都会的なキレイめなデザインでビジネスシーンに最適!

モッズコート風!「ジップインマグネライトニングフーデッドコート」

ライトニングフーデッドコート
●ライトニングフーデッドコート

「ライトニングフーデットコート」は、「HYVENT」を採用した防水コート。

街着に想定した、オーバーサイズのシルエットやモッズコート風のデザインでオシャレに着こなせます!

「HYVENT」素材の防水性は、「Gore-Tex」には及びませんがタウンユースがメインであれば充分な性能。

しかし、「HYVENT」素材は、長期間の使用での劣化具合が気になるところです。

生地の劣化具合については、「ドットショットジャケット」の記事で解説しているので参照ください!

「ジップインマグネ」対応モデル インナー3選!

次に、「ジップインマグネ」対応のインナー3選を紹介します!

ジップインマグネアコンカグアジャケット!

アコンカグアジャケット
●アコンカグアジャケット

ジップインマグネに対応するインナーで最もオススメは、「アコンカグアジャケット」

軽さと暖かさを兼ね備えた、最新素材の光電子ダウンをたっぷりと詰め込んだダウンジャケット。

表面はナイロン素材でツルツルしているので、長袖の上から羽織っても脱ぎ着がしやすいです。※フリースだと摩擦で脱ぎ着がしにくい

アウターとしても使えるので、使い勝手がよく「ジップインマグネシステム」には欠かせない1着です!

個別記事はこちらから!

エクストリームバーサロフトジャケット!

エクストリームバーサロフトジャケット
●エクストリームバーサロフトジャケット 出典:goldwin公式

「エクストリームバーサロフトジャケット」は、秋〜冬にかけて活躍するフリースジャケット。

毛足が長めなフリースが特徴で、暖かい空気をいっぱい溜め込めて保温性に優れます!

デザイン性も高くアウターとしても着用できるので、使い勝手が非常に高いです。

フリース素材なので、長袖の上に着る場合は摩擦によって脱ぎ着がしにくいのが少しデメリットと感じます。

50/50ダウンカーディガン!

50/50ダウンカーディガン
●50/50ダウンカーディガン

「50/50ダウンカーディガン」は、スタイリッシュなVネック型のインナーダウン。

高品質な天然ダウンを採用したことによる保温性・暖かさは高いスペックを誇っています。

Vネック型なので首元の保温力は劣りますが、スタイリッシュに着こなせてビジネスシーンにも最適。

肌寒い時期の秋には、アウターとしても使えるので使い勝手も◎!

遊パパ

ビジネス・スーツスタイルで着たい場合は、「ボールドフーデットコート」との連結がオススメ!

まとめ!

「ジップインマグネシステム」は、ノースフェイス独自のアウターとインナーを1つに連結できるシステム。

旧システムの「ジップインジップシステム」に比べて、連結が楽になったのが大きな特徴でメリット。

「ジップインマグネシステム」を使えば、ジャケットの着用時期の幅も広がりとても便利。

春・秋・冬の3シーズンに渡って着用できる「ジップインマグネシステム」をぜひ試してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次