MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

ノースフェイス「オールマウンテンジャケット」サイズ感やコーデ、マウンテンジャケットとの違いを徹底レビュー!!

  • URLをコピーしました!
遊パパ

オールマウンテンジャケットってどうなの?マウンテンジャケットとの違いは?

こう言った疑問に答えます!

ノースフェイスには、マウンテン・オールマウンテン・マウンテンライト・・・と似た名前のジャケットがあります。

その中でも本記事では、「オールマウンテンジャケット」を紹介していきます。

オールマウンテンジャケットは、その名の通り季節を問わずオールシーズン使用できる軽量Gore-Texジャケットです。

Gore-Texでありながら柔らかく・着心地の良い生地を採用しており、登山などアクティブな場面においてオススメするジャケットです。

また、似ている名前の「マウンテンジャケット」とも違いが結構あるのでレビューしていきたいと思います。

この記事の内容

  • オールマウンテンジャケットの特徴やメリットは?
  • サイズ感を写真付きで比較!
  • オススメな人!
  • マウンテンジャケットとの違いは?

では、早速本題に行きましょう!

目次

ノースフェイス オールマウンテンジャケットとは?

オールマウンテンジャケット
●カラー:ニュートープ
オールマウンテンジャケット

価格:¥50,600(税込)

素材:〈表地〉70デニール Gore-Tex C-Knit Backer

サイズ:S,M,L,XL,XXL

重さ:約525g(Lサイズ)

GORE-TEXC-KNITバッカーを採用した、3層構造の防水シェルジャケット。非常に細かく薄いマイクロトリコットの裏地は、しなやかな着心地が特徴で、透湿性能も従来の同モデルと比較して15%以上向上しています。70デニールナイロンで耐久性の高い素材を表生地に使用。雨天や晴天にかかわらず幅広いシーンで着用しやすく、夏~秋のアルプス登山などの長期縦走にはもちろん、残雪期のアイゼンを使用するシーンにも活用できるオールシーズン対応モデルです。携行に便利なスタッフサック付き。

goldwin公式HP

ノースフェイス オールマウンテンジャケットの各ディティール!

まずは全体像からご覧下さい!

遊パパ

私はニュートープを購入しました!

オールマウンテンジャケットの全体像
●全体像 正面
オールマウンテンジャケットの全体像
●全体像 後面

単色でまとまったシンプルなデザインをしています!

それでは、細かいディティールを写真付きで見ていきましょう!

オールマウンテンジャケットの首元
●首元
オールマウンテンジャケットの裏生地
●裏生地
左内側のポケット
●左内側のポケット

止水ジップになっています!

ベンチレーション機能
●ベンチレーション機能

内部に熱がこもって暑い時は、ベンチレーションを使って空気の入れ替えができます。

正面両サイドのポケット
●正面両サイドにあるポケット
遊パパ

残念ながらジップは止水ジップではありません!

袖のベルクロ
●袖のベルクロ
裾のドローコード
●裾のドローコード
遊パパ

この辺は、今や当たり前の機能ですね!

Gore-Texのロゴマーク
●袖のGore-Texのロゴ!

オールマウンテンジャケットにはGore-Texが使用されています!

Gore-Texは、完全防水・完全防風・浸透性の特徴を持つ高スペックな生地です!

完全防水なので、雨に長時間当たっていても中に水が侵入してくることはありません。

使用例

  • 突然の雨にも備えられるレインジャケット!
  • 登山・釣り・スキーやスノボなどアウトドア用ジャケット!

こういった使い方できます!

ノースフェイス オールマウンテンジャケットのメリット!!

軽い!しなやか!肌触りが良い!の三拍子が揃ったジャケット!

肌触りが良い裏地
●肌触りが良い裏地

オールマウンテンジャケットにはC-Knit Backerという高性能な生地が使われています。

C-Knit Backerは、Gore-Texの防水・防風性に加えて、「しなやかさ」や「着心地の良さ」を追求した素材です。

「軽く」「しなやか」なので動きやすく、長時間着ていても疲れにくいのが特徴です!

遊パパ

肌触りも良く、なめらかで脱ぎ着もしやすいアウターです!

オールシーズン使える凡用性!

名前の由来にもなっていますが、オールシーズン使える凡用性の高さも特徴です!

特に透湿性に関しては、従来より15%向上しており、汗でこもった湿気もスムーズに放出します。

裏生地の肌触りも良く、夏場は半袖シャツの上からも着用できるのがメリットです!

遊パパ

夏は汗をかきやすいですが、ベタつかず湿気も放出してくれるので快適です!

スタッフサックに収納し持ち運べる!

スタッフサック
●スタッフサック

オールマウンテンジャケットにはスタッフサックが付属しています。

スタッフサックにコンパクトに丸めて収納することで簡単に持ち運ぶことができます。

突然の雨にもサッと取り出して対応できる本格レインウェアとしても使用できます。

遊パパ

登山やハイキングなどの天候が変わりやすいシチュエーションでもこれがあれば便利です!

ノースフェイス オールマウンテンジャケットのオススメな人!

オススメな人!

街着としても使える登山用アウターが欲しい人!

シンプルなデザインなので街着・タウンユースとしてももちろん使用できます。

しかし、どちらかと言うとオールシーズン使用できる登山用アウターとして使用が適している気がします。

登山やハイキング、トレッキングをする機会が多い人にはぜひオススメしたい1着です。

ちなみに、同じGore-Texでも街着・プライベートでの使用がメインの人には

マウンテンライトジャケットがオススメです!

また、街着・スキーやスノーボード、仕事などあらゆる場面で使える万能ジャケットが欲しい人はマウンテンジャケットがオススメです!

用途別にまとめてみましたので表をご覧下さい!

スクロールできます
オールマウンテンジャケットマウンテンジャケットマウンテンライトジャケット
街着
登山
スノボ
通勤

ノースフェイス オールマウンテンジャケットのサイズ感!!

オールマウンテンジャケットのMサイズを着用したサイズ感
●正面 Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感(側面)
●側面 Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感(後面)
●後面 Mサイズ着用

身長170㎝、体重70kgのややガッチリ体型でMサイズを着用しています。

サイズ感は、インナーにロンTを着込んでいてジャストサイズです。

後ろの着丈の方が長いデザインになってます。

次に、Lサイズのサイズ感も見ていきましょう!

Lサイズのサイズ感
●正面 Lサイズ着用
Lサイズのサイズ感(側面)
●側面 Lサイズ着用
Lサイズのサイズ感
●後面 Lサイズ着用

同じく、身長170㎝,体重70kgのややガッチリ体型でLサイズを着用しています。

インナーにロンTを着込んでいてかなり余裕のあるサイズ感です。

厚手のパーカーも着込んでジャスト〜やや大きいかな?といった具合です。

遊パパ

個人的には、ゆったり着たいのでLサイズの方が好きです!

ノースフェイス オールマウンテンジャケットの注意点!

着用していて感じた注意点は以下の通りです!

  • フードが大きい!
  • 前側の着丈が長め!

フードが大きい!

本格的な登山でも使われるジャケットのため、ヘルメット着用を想定していてフードが少し大きめな設計です!

この大きさのフードに慣れてなかったので少し違和感がありました。

大したデメリットではありませんが、街着を想定している人は分かっていた方がいいポイントです!

前側の着丈が短め!

動きやすさを考慮してか、前側の着丈が短めな設計です!

アウトドアなど動きを伴うシチュエーションではいいですが、

街着メインで使用する場合は少し着こなしが難しいかもしれません!

ノースフェイス マウンテンジャケットとの違いは??

Gore-Texを使用した高性能なシェルジャケットなのは同じですが、よく見ると違う点もあります。

生地の素材!

裏地の違
●裏地の違い

オールマウンテンジャケットには、C-Knit Backerが使用されており、軽くてしなやかです。

動きやすさ、疲れにくさ、軽量さではオールマウンテンジャケットの方が上です!

ジップインジップ機能がない!

オールマウンテンジャケットにはジップインジップ機能がありません。

真冬の街着シーンにおいては、ジップインジップ機能があった方がいいかもしれませんね。

遊パパ

個人的には、ジップインジップはあまり使わないのでなくても構いません!

コンパクトに収納できる!

マウンテンジャケットにはスタッフサックがありません。

マウンテンジャケットは、コンパクトに収納して持ち運ぶようなジャケットではありません。

持ち運びに適したジャケットが欲しい場合は、オールマウンテンジャケットの方がいいですね。

スノーカフがない!

マウンテンジャケットにはスノーカフがありません!

スキーやスノボードなどアクティブな動きを伴う場面では、どちらかと言うとマウンテンジャケットの方が適してます!

  • オールマウンテンジャケットの方が着心地が良い!
  • ジップインジップの有無!
  • 持ち運び可能なスタッフサックの有無!
  • スノーカフの有無!

ノースフェイス オールマウンテンジャケットのサイズ感・違いをレビューのまとめ!

  • オールマウンテンジャケットはしなやかで肌触りの良い生地が特徴!
  • 登山などのアウトドア場面での使用が特にオススメ!
  • サイズ感が前側の着丈が短い!

以上、オールマウンテンジャケットのレビューでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる