MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

ノースフェイス『スクープジャケット』のサイズ感・コーデ・劣化具合についてレビュー!!

  • URLをコピーしました!

ノースフェイスのマウンテンパーカーにはGore-Texを使用した高性能なジャケットが多いです!

しかし、Gore-Texのジャケットはデメリットとして値段が高いことが挙げられます!

そこで、オススメしたいのが『スクープジャケット』です!

ノースフェイスの「スクープジャケット」は、比較的手が出しやすい価格設定のマウンテンパーカーで、

ハイベントというノースフェイス独自の防水素材を使用しているのが特徴です!

遊パパ

タウンユースからアウトドアまで着こなせる万能アウターです!

また、ハイベント素材の劣化を不安に感じている方も多いと思いますので、実例と個人的感想を踏まえてレビューしていきます!

この記事の内容!

  • スクープジャケットとは?
  • 特徴やサイズ感は?
  • 劣化の心配は?
  • マウンテンジャケットとドットショットジャケットとの違い!

では、本題に行きましょう!!

目次

ノースフェイス 「スクープジャケット」のスペック!!

スクープジャケット
●スクープジャケット
スクープジャケット

価格:¥31,900(税込)

素材:<表地>Nylon Faille weave HYVENT(2層)(表側:ナイロン100%、裏側:ポリウレタンコーティング)<裏地>TNF Embossed Taffeta(ポリエステル100%)

サイズ:S、M、L、XL、XXL

重さ:約675g(Lサイズ)

登山やトレッキングから、スキーやスノーボードといったスノーシーン、タウンユースまで幅広く活躍するジャケット。内側の専用ファスナーでインナーを連結できるジップインジップシステム対応モデルです。表地には防水透湿性に優れたハイベント層構造を使用。フロントはダブルフラップ仕様で雨や雪の浸入を軽減します。内側には冷気や雪の浸入を抑える、取り外し可能なスノーカフ付き。フードは調節しやすいワンハンドアジャスター対応。リサイクル可能なナイロン生地を表地に使用した、環境問題に配慮した商品です。

goldwin公式

ノースフェイス 「スクープジャケット」の各ディティール!!

まずは全体像からご覧下さい!

スクープジャケットの全体像
●スクープジャケット 全体像 正面
スクープジャケットの全体像
●スクープジャケット 全体像 後面
遊パパ

色はユーティリティブラウンです!

続いて各ディティールを見ていきましょう!

スクープジャケットの内側のメッシュ素材
●スクープジャケットの内側 メッシュ素材

スクープジャケットの内側には通気性に優れたメッシュ素材が使われています!!

両サイドのポケット
●両サイドのポケット
左内側のポケット
●左内側のポケット

ポケットは、表側両サイドに計2つと左の内側に1つあり、収納力は充分です!!

脇下のベンチレーション
●脇下のベンチレーション機能

脇下にはベンチレーション機能がついています!

屋内や電車の中など少し暑いなと感じた時に、ベンチレーションを開けることでジャケット内の空気を排出できる快適機能です!

ジップインジップ機能
●ジップインジップ機能

ジップインジップ機能で、真冬にはインナーダウンを取り付けることで1着でダウンジャケットとして使用できるのでとても便利です!!

スノーカフ
●スノーカフ

内側の腰付近には、取り外し可能なスノーカフが付いています!

遊パパ

スキーやスノーボードに着る時にとても便利な機能です!

袖のベルクロ
●袖のベルクロ
裾のドローコード
●裾のドローコード
遊パパ

ベルクロやドローコードは、今や当たり前の機能になってますね!

ノースフェイス 「スクープジャケット」の特徴・メリット!!

防水透湿性素材HYVENT(ハイベント)を使用した高性能シェルジャケット!

スクープジャケット

スクープジャケットには、ノースフェイス独自素材であるハイベントを使用しています!

ハイベントは、Gore-Tex同様に防水・防風・透湿性に優れたハイパフォーマンス素材です!

デメリットとして、Gore-Texと比べて耐久性に劣る点が弱点と言えます!

しかし、Gore-Texに比べて値段が安く手に入れやすい点がメリットと言えるでしょう!

Gore-Tex(ゴアテックス)
HYVENT(ハイベント)
  • 「ePTFE」と呼ばれるフッ素系樹脂を加工したもので劣化しにくい!
  • 完全防水・防風・透湿性に優れる
  • 値段が高い!
  • ポリウレタンを使用しており、空気や紫外線の影響で劣化が進みやすい!
  • 防水・防風・透湿性に優れる!
  • 値段が安い!
遊パパ

街着がメインで、Gore-Tex程の性能が必要ない人はハイベントの方が安いのでオススメします!

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツで使える!!

スノーカフを閉めた状態
●スノーカフを閉めた状態

スクープジャケットには取り外し可能なスノーカフが付属してます!

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツにおいて、裾下からの雪の侵入を防いでくれる便利機能です!

遊パパ

タウンユースだけでなく、アウトドアでも使える万能ジャケットですね!

ジップインジップで3シーズンに渡って使える!

スクープジャケットには、ノースフェイス独自のジップインジップ機能が備わっています!

ジップインジップでインナーにダウンジャケットを取り付けることで、1着のダウンジャケットとしても使えます!

スクープジャケット単体では、春と秋に!

ジップインジップを使うことで、真冬でも対応できる防寒性能を備えたジャケットに変わります!

遊パパ

3シーズンに渡って使える凡用性も大きなメリットです!

スクープジャケット(ハイベント)の劣化具合について!!

さぁ、みなさんが気になっているであろうハイベント素材の劣化についてです!

実際に、ハイベント素材を使用したジャケットの着用6年経過した状態をご覧下さい!

※スクープジャケットではありません!

こちらは、スクープジャケットではありませんが私が実際に所有しているハイベント素材を使用したノースフェイスのジャケットです!

6年使用し内側のナイロンが剥がれているのが分かります!

やっぱりハイベント素材はすぐ劣化してしまうのでしょうか?

ちょっと待って下さい!

現状、劣化しているのは内側のナイロン素材であって表地のハイベント素材は一切に剥がれてません!

すなわち、内側のナイロン素材のものが劣化しやすいのであって表地はほとんど変化ありません!

内側に使われているメッシュ素材
●スクープジャケットの内側 メッシュ素材

スクープジャケットの内側には、メッシュ素材がメインで使われていて劣化しやすいナイロンがほとんどありません!

ですので、スクープジャケットに関してはそれほど劣化を心配する必要はありません!

遊パパ

他の方の口コミをみても、劣化するといった声はあまり見かけません!

ノースフェイス 「スクープジャケット」のサイズ感とサイズ選びのポイント!

Mサイズを着用したサイズ感
●前開き Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感
●前閉じ Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感
●側面 Mサイズ着用

身長170㎝、体重70kgのややガッチリ体型でインナーにはロンT1枚でMサイズを着用しています!

サイズ感的には、ジャスト〜やや余裕のあるサイズ感です。

インナーに厚手のパーカーを着てジャストといった具合です!

スクープジャケットのサイズ設計としては、標準〜ややゆったりといったサイズ感になります。

真冬では、インナーに厚手の服を着込むことが多いので、あらかじめ大きめなサイズを選ぶのがオススメです!

遊パパ

私自身、Lサイズでも良かったかなと思ってます!

サイズ選びのポイント

  • 身長170㎝、体重70㎏でM〜Lサイズがオススメ!
  • サイズ設計は、標準〜やや大きめ!
  • 真冬の事も考慮し、迷ったら大きいサイズを選ぶ方が無難!

ノースフェイスの「マウンテンジャケット」、「ドットショットジャケット」との違い!!

スクープジャケットには、ノースフェイスから類似ジャケットが展開されています!

よく比較されるのが「マウンテンジャケット」と「ドットショットジャケット」ですので違いを紹介します!

ノースフェイス 「マウンテンジャケット」との違い!

●マウンテンジャケット 出典:goldwin公式
スクロールできます
スクープジャケット      マウンテンジャケット      
生地素材HYVENT(ハイベント)Gore-Tex(ゴアテックス)
ジップインジップありあり
ベンチレーションありあり
スノーカフありあり
サイズ感標準〜やや大きい大きい
値段約3万円約5万円

スクープジャケットとマウンテンジャケットの大きな違いは、生地の素材です!

マウンテンジャケットにはGore-Texという最強素材が使用されていて、それに伴い値段もかなり高額です!!

ジップインジップやベンチレーション・スノーカフの便利機能については両方同じなので、生地素材と値段で決める形になります!

Gore-Texは街着メインであればオーバースペックなので、本格的なアウトドア性能を求めない人はスクープジャケットの方がオススメです!

遊パパ

スクープジャケットの上位互換がマウンテンジャケットってイメージです!

ノースフェイス 「ドットショットジャケット」との違い!

●ドットショットジャケット 出典:goldwin公式
スクロールできます
スクープジャケット      ドットショットジャケット    
生地素材HYVENT(ハイベント)HYVENT(ハイベント)
ジップインジップありなし
ベンチレーションありなし
スノーカフありなし
サイズ感標準〜やや大きい標準〜やや大きい
値段約3万円約2万円

スクープジャケットとの大きな違いは、ジップインジップやベンチレーション・スノーカフといった便利機能がないことです!

そのため、ドットショットジャケットの方が値段も安い設定になっています!

ドットショットジャケットは、必要最低限の機能で低価格で展開されているのでノースフェイス初心者の方にはオススメする1着です!

遊パパ

スクープジャケットの下位互換がドットショットジャケットってイメージです!

ノースフェイス 「スクープジャケット」のオススメな人!

スクープジャケット
  • タウンユースからアウトドアまで幅広く使えるジャケットが欲しい人!
  • 真冬も含めた3シーズンで使える万能ジャケットが欲しい人!
  • Gore-Texまでの高スペックなジャケットは必要ないと感じる人!
  • 比較的手頃な値段のノースフェイスのジャケットが欲しい人!

スクープジャケットは、場所や季節を問わずオールマイティーな万能ジャケット!

遊パパ

Gore-Texは高価格だし、そこまでハイスペックな性能は必要ないなぁ…

と思う方には特にオススメする1着です!

ノースフェイス 「スクープジャケット」のまとめ!!

  • スクープジャケットは場所・季節を問わず使える万能ジャケット!
  • 生地にはハイベントを使用しているが劣化の心配は必要なし!
  • サイズ感は、標準〜やや大きい!→大きめサイズを選ぶ方が無難!
  • 類似ジャケットとの違いを理解して選ぶべし!

以上、スクープジャケットのレビューでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる