MENU
遊パパ
アウトドア好きのファッションブロガー!
・アウトドアファッション歴10年!
・THE NORTH FACEマニア!
・ノースフェイスアイテム50点以上所有!
・ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
・身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型!

主に、ノースフェイスのアイテムのサイズ感や使用用途、オススメな人を正直レビュー!他にもArc'teryxやPatagoniaなども多数所有。順次レビュー記事作成中!

ノースフェイス『スクープジャケット』のサイズ感・コーデ・劣化具合をレビュー!

  • URLをコピーしました!

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)の「スクープジャケット」を実際に着用して2年半経過しました。

今回は、ノースフェイス「スクープジャケット」の2年半着用してどうだったか徹底レビュー!

  • スクープジャケットの特徴は?
  • サイズ感やオススメな人が知りたい!
  • 生地の劣化具合が気になる!

こんな疑問に答えます!

本記事の内容!

  • スクープジャケットの特徴をレビュー!
  • 実際の写真付きでサイズ感を解説!
  • オススメな人・使用用途を解説!
  • 類似ジャケットとの比較レビュー!

本記事を読むだけで、ノースフェイス「スクープジャケット」の特徴・サイズ感・オススメな人など全て分かります!

本記事の信頼性

遊パパ
  • アウトドアファッション歴10年!
  • THE NORTH FACEマニア!
  • ノースフェイスアイテム50点以上所有!
  • ノースのマウンテンパーカーはほぼ全て所有!
  • Arc’teryxやPatagoniaなども多数所有

身長170㎝,体重70㎏のややガッチリ体型、ゆるく着こなすのが好き。普段はLサイズが多い。主に、ノースフェイスのアイテムの特徴やメリット・サイズ感などを正直レビュー!

\詳しいプロフィールはこちら!/

\タップで切り替え/

  • 時期・用途問わず着れる万能ジャケットを探している!
  • Gore-Tex程の機能性は必要ない!
  • スキーやスノーボードが趣味!

『スクープジャケット』は、春・秋・インナーを調整すれば冬も着れる3シーズンに渡って使えるジャケット!

街着や普段使い、スキーなどのアウトドア場面でも使えてとにかく万能です

「スクープジャケット」を購入するか迷っている人や、サイズ選びに失敗したくない人は必見の内容になってます。

実際の写真付きで分かりやすく解説してるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

では、早速本題へ参りましょう!

目次

ノースフェイス 「スクープジャケット」のスペック!

●スクープジャケット 出典:goldwin公式
スクープジャケット

価格:¥31,900(税込)

素材:<表地>Nylon Faille weave HYVENT(2層)(表側:ナイロン100%、裏側:ポリウレタンコーティング)<裏地>TNF Embossed Taffeta(ポリエステル100%)

サイズ:S、M、L、XL、XXL

重さ:約675g(Lサイズ)

登山やトレッキングから、スキーやスノーボードといったスノーシーン、タウンユースまで幅広く活躍するジャケット。内側の専用ファスナーでインナーを連結できるジップインジップシステム対応モデルです。表地には防水透湿性に優れたハイベント層構造を使用。フロントはダブルフラップ仕様で雨や雪の浸入を軽減します。内側には冷気や雪の浸入を抑える、取り外し可能なスノーカフ付き。フードは調節しやすいワンハンドアジャスター対応。リサイクル可能なナイロン生地を表地に使用した、環境問題に配慮した商品です。

goldwin公式

\ここをクリック!/

ノースフェイス「スクープジャケット」の各ディティール!!

まずは全体像からご覧下さい!

スクープジャケットの全体像
●スクープジャケット 全体像 正面
スクープジャケットの全体像
●スクープジャケット 全体像 後面
遊パパ

色はユーティリティブラウンです!

続いて各ディティールを見ていきましょう!

スクープジャケットの首元
●首元

シンプルなデザインでロゴは刺繍!質感が高い。

スクープジャケットの内側のメッシュ素材
●スクープジャケットの内側 メッシュ素材

内側には通気性に優れたメッシュ素材が採用!

両サイドのポケット
●両サイドのポケット
左内側のポケット
●左内側のポケット

ポケットは、表側両サイドに計2つと左の内側に1つあり、収納力は充分!

脇下のベンチレーション
●脇下のベンチレーション機能

暑い時は、脇下のベンチレーションを使えば、電車・屋内でも蒸れなくて快適!

スノーカフ
●スノーカフ

内側には、取り外し可能なスノーカフが付属!

遊パパ

スキーやスノーボードに着る時にとても便利な機能です!

袖のベルクロ
●袖のベルクロ
裾のドローコード
●裾のドローコード

ベルクロやドローコードなどの防風・防寒対策もバッチリ!

遊パパ

便利な機能が満載の本格的なマウンテンパーカー!

\ここをクリック!/

ノースフェイス「スクープジャケット」の特徴!

防水透湿性素材HYVENT(ハイベント)を採用した本格マウンテンパーカー!

スクープジャケット

「スクープジャケット」は、ノースフェイス独自開発素材である『HYVENT(ハイベント)』が採用されています!

「ハイベント」は、Gore-Tex同様に防水・防風・透湿性に優れたハイパフォーマンス素材。

「Gore-Tex」に比べると、防水性や耐久性などが劣りますが普段使いする上では、充分過ぎるほどの性能を誇ります。

また、「Gore-Tex」に比べて値段が安く、手の届きやすい価格帯なのがいいところ!

Gore-TexとHYVENTの違いまとめ!

Gore-Tex(ゴアテックス)
HYVENT(ハイベント)
  • 防水・防風・透湿性が最強レベル!
  • 「ePTFE」と呼ばれるフッ素系樹脂を加工したもので劣化しにくい!
  • 値段が高い!
  • 防水・防風・透湿性に優れる!
  • ポリウレタンを使用しており、空気や紫外線の影響で劣化が進みやすい!
  • 値段が安い!

「HYVENT(ハイベント)」の耐水圧は、10,000〜20,000mmと言われており街着・普段使いにおいては充分なスペック!

対しては、「Gore-Tex」は、耐水圧40,000mm以上で防水性に関しては、まさに『最強』です。

耐水圧とは?

  • 300mm・・・小雨に耐えられる
  • 2,000mm・・・中雨に耐えられる
  • 10,000mm・・・大雨に耐えられる
  • 20,000mm・・・嵐に耐えらえれる
遊パパ

個人的には、コスパ重視であれば「HYVENT」で充分満足です!

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツで使える!!

スノーカフを閉めた状態
●スノーカフを閉めた状態

「スクープジャケット」には、取り外し可能なスノーカフが付属してます!

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツにおいて、すそ下から雪の侵入を防ぐ便利機能!

遊パパ

タウンユースだけでなく、アウトドアでも使える万能ジャケット。

ジップインジップで3シーズンに渡って使える!

ジップインジップ機能
●ジップインジップ機能
●例…マウンテンライトジャケットのジップインジップ機能

「スクープジャケット」には、ノースフェイス独自システムのジップインジップ機能が付いています!

「ジップインジップ」でインナーにダウンを取り付けることで、1枚でダウンジャケットとしても着用可能に!

「スクープジャケット」単体では、春と秋に。

ジップインジップを使えば、真冬でも対応できるダウンジャケットに早変わりです!

「ジップインジップシステム」についてはこちらで解説しているので参照ください!

\ここをクリック!/

スクープジャケット(ハイベント)の劣化具合について!!

気になる方も多いはず!ハイベント素材の劣化具合はどうなのか?

実際に、ハイベント素材を使用したジャケットの着用6年経過した状態をご覧下さい!

※スクープジャケットではありません!

こちらは、私が実際に所有している「ハイベント素材」を採用した「ドットショットジャケット」です!

6年使用し内側のナイロンが剥がれているのが分かります!

やはり「ハイベント素材」はすぐ劣化してしまうのでしょうか?

ちょっと待って下さい!

現状、劣化しているのは内側のフィルム素材であって表地は一切剥がれてません。

口コミをみていても劣化するのは、内側のフィルム素材が剥がれてくるとの情報が多い。

対して、スクープジャケットの内側は、メッシュ素材が主に使われていて劣化しやすいフィルムがほとんどありません!

実際に私は、2年半ぐらい着用しほとんどダメージは0です。

口コミでは、メッシュ素材に毛玉ができるといった声はありました!

遊パパ

仮に、防水性が落ちてきても「ニクワックスの防水スプレー」を使えば回復しますよ。

ノースフェイス 「スクープジャケット」のサイズ感とサイズ選びのポイント!

Mサイズを着用したサイズ感
●前開き Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感
●前閉じ Mサイズ着用
Mサイズを着用したサイズ感
●側面 Mサイズ着用

身長170㎝、体重70kgのややガッチリ体型でMサイズを着用!

インナーにはロンTを1枚着込んでおり、ジャスト〜やや余裕のあるサイズ感です。

厚手のパーカーなどを着込んでジャストぐらいのサイズ感。

「スクープジャケット」のサイズ設計としては、標準〜ややゆったりといったサイズ感になります。

緩く着こなしたい場合は、普段通りのサイズ選びを!ジャストで着こなしたい場合は、1つ下のサイズを選ぶのがオススメ!

真冬に厚手のインナーを着込むことを想定し、あらかじめ大きめなサイズを選ぶのが良いかも!

遊パパ

Lサイズでもっとゆったり着こなすのもアリ!

サイズ選びのポイント

  • 身長170㎝、体重70㎏でM〜Lサイズがオススメ!
  • サイズ設計は、標準〜やや大きめ!
  • ゆるく着たい場合は普段通り・ジャスト着たい場合は1サイズ下のサイズ選びを!
  • 真冬の事も考慮し、迷ったら大きいサイズを選ぶ方が無難!

\ここをクリック!/

「マウンテンジャケット」「ドットショットジャケット」との違い!

「スクープジャケット」には、ノースフェイスから類似ジャケットが展開されています。

よく比較されるのが「マウンテンジャケット」と「ドットショットジャケット」ですので違いを紹介します!

ノースフェイス「マウンテンジャケット」との違い!

●マウンテンジャケット 出典:goldwin公式
スクロールできます
スクープジャケットマウンテンジャケット
生地素材HYVENT(ハイベント)Gore-Tex(ゴアテックス)
ジップインジップありあり
ベンチレーションありあり
スノーカフありあり
サイズ感標準〜やや大きい大きい
値段約3万円約5万円
●違いまとめ

「スクープジャケット」と「マウンテンジャケット」の大きな違いは、生地の素材です!

「マウンテンジャケット」は、『Gore-Tex』という高機能素材が採用されていて値段もかなり高額。

「ジップインジップ」や「ベンチレーション」「スノーカフ」などのハイテク機能は同じなので、生地素材と値段でどちらがいいか選択しましょう。

「マウンテンジャケット」は街着・普段使いであればオーバースペックなので、本格的なアウトドア性能を求めない人は「スクープジャケット」の方がオススメです!

遊パパ

「スクープジャケット」の上位互換が「マウンテンジャケット」ってイメージ!

「マウンテンジャケット」の詳細については下の記事を参照ください!

ノースフェイス「ドットショットジャケット」との違い!

●ドットショットジャケット 出典:goldwin公式
スクロールできます
スクープジャケット      ドットショットジャケット    
生地素材HYVENT(ハイベント)HYVENT(ハイベント)
ジップインジップありなし
ベンチレーションありなし
スノーカフありなし
サイズ感標準〜やや大きい標準〜やや大きい
値段約3万円約2万円
●違いまとめ

「スクープジャケット」と「ドットショットジャケット」の大きな違いは、ジップインジップやベンチレーション・スノーカフなどのハイテク機能の有無です!

それに伴い、値段も「ドットショットジャケット」の方が約10,000円安い設定。

「ドットショットジャケット」は、必要最低限の機能で低価格で展開されているので「大学生」や「ノースフェイス初心者」にはオススメの1着です!

遊パパ

「スクープジャケット」の下位互換が「ドットショットジャケット」ってイメージです!

「ドットショットジャケット」の詳細については下の記事を参照ください!

ノースフェイス 「スクープジャケット」のオススメな人!

着用時期の目安
4月
7月
10月
1月
4月
使用用途
街着向け
どっちもオススメ
1
アウトドア向け

「スクープジャケット」は、中厚手の生地で主に、春・秋とインナー次第では冬も着用可能。

街着にも馴染むデザインでスキーやスノボにも対応する機能を装備するなど、普段使い・アウトドアのどちらにも最適です。

夏以外は、どんな季節・どんな場面でも着れる万能性はヘビロテすること間違いなし!

ノースフェイス全17種類マウンテンパーカーのまとめ記事はこちら!

オススメな人!

  • 時期・用途問わず着れる万能ジャケットを探している!
  • Gore-Tex程の機能性は必要ない!
  • スキーやスノーボードが趣味!

「スクープジャケット」は、とにかく万能。。

1着持っておけば他にアウターを買い足す必要が限りなく少なくなります。

ミニマリスト志向のような方には、とにかくオススメしたいジャケットです。

本格的な登山以外では、「Gore-Tex」ほどの性能が必要ない場面も多々…「Gore-Tex」にこだわりがない人は「スクープジャケット」で充分。

スキーやスノーボード用のウェアとして着れば、スキーウェアを買う必要もなくコスパ◎!

Amazon、楽天ではセール品として安く購入できることもありますので要チェック!

\ここをクリック!/

まとめ!

ノースフェイス「スクープジャケット」は、とにかく季節・場所問わず着れる万能性が魅力!

「HYVENT(ハイベント)素材」の弱点である、生地の劣化具合も2年半ぐらいでは、まだまだ健在です。

防水性が低下してきたら防水スプレーを使えば一発で解決!

「マウンテンジャケット」や「ドットショットジャケット」など類似ジャケットとの違いを理解してから選ぶのがオススメです!

Amazon、楽天ではセール品として安く購入できることもありますので要チェック!

\ここをクリック!/

以上、「スクープジャケット」のレビューでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次